FOLLOW US

UPDATE|2021/04/03

世界をまたに掛けるコスプレイヤー・五木あきら 私服インタビュー「いまだに人前に出るのが苦手」

五木あきら 撮影/松山勇樹

2014年に開催された『コミックマーケット』で披露したマリオ風コスプレが大きな話題を集め、日本だけではなく、世界10ヶ国以上で大規模イベントにゲスト招致されるなど国内外で活躍するコスプレイヤー・五木あきら。キュートなルックスとこだわり満載の衣装で、コスプレブームを牽引してきた彼女は一体どんな人物なのか? その素顔に迫った。
(3回連載の1回目)

【写真7点】世界的コスプレイヤー・五木あきらの撮り下ろし私服ショット

――小さい頃から人前に出て何かするのは好きだったんですか?

五木 実はいまだに人前に出るのが苦手で(笑)。コスプレを始めたきっかけも人前に出たいとかではなく、単純に自分の好きなアニメの中に入りたいという気持ちから始めたものなんです。当時はレイヤーが大々的にメディアで取り上げられるなんて考えられない時代でしたしね。趣味として10年以上、お仕事として5,6年、コスプレをやらせていただき、いろんな活動をさせていただいているんですけど、今でもイベント前日は緊張で眠れないです。そこは慣れないですね。

――アニメやマンガが好きになったのは幾つぐらいのときですか。

五木 小学生の頃からアニメは大好きで、土日の朝アニメは毎週見てたし、漫画雑誌も『りぼん』『なかよし』『ちゃお』は全部買ってたし、当時流行っていた『銀魂』『BLEACH』『家庭教師ヒットマンREBORN!』など毎週読んでました。それに、高橋留美子さんの作品はアニメもマンガも大好きで、『うる星やつら』『らんま1/2』『犬夜叉』などから大きな影響を受けました。特に『らんま1/2』は、乱馬みたいになりたくて少林寺拳法と空手を習い始めたぐらいで。どうやったら強くなれるのかなと思って、毎日ひたすら筋トレや腹筋をしていました(笑)。その頃からアニメの世界への憧れは強かったです。

――少林寺拳法と空手まで習うのはなかなかですね。

五木 空手は1年弱で辞めましたけど、少林寺拳法は2年ぐらい道場に通って、大会にも出ていました。格闘シーンってアニメに当たり前に出てくるし、道着が着られるのも嬉しかったんですよね。ただ少林寺拳法には「大車輪」という、いわゆる側転の技があるんですけど、それができなくて躓いてしまい……。あと中学3年間は陸上部だったので、道場に行く時間もなくて少林寺拳法は辞めてしまいました。

――体を動かすのが好きなんですね。

五木 小さい頃からの唯一のとりえで、短距離は人並みよりも速かったんです。それを伸ばしたかったのと、ダイエットになればいいなと思って陸上部に所属しました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事