FOLLOW US

UPDATE|2021/04/10

歌うコスプレイヤー・倉坂くるる 私服インタビュー「1日24時間じゃ足りない!」挑戦の日々

倉坂くるる 撮影/松山勇樹

「歌うコスプレイヤー」として、コスプレだけなく、歌手、声優としても活動している倉坂くるる。自己プロデュース力が高く、多彩な才能で、この他にもYouTubeや自主企画イベント開催などマルチに活躍している彼女だが、一体どんなきっかけでコスプレをはじめたのか? そのルーツを聞いた。
(前後編の前編)

【写真10点】「歌うコスプレイヤー」倉坂くるるのキュートな私服ショット

――倉坂さんは「歌うコスプレイヤー」として幅広く活動をされていますよね。

倉坂 コスプレイヤーを軸に歌手活動やモデルなどをやっていて、あともの作りが好きなので衣装を自分で作ったり作詞をしたり、「何でも屋さん」みたいな感じの活動をしています(笑)。

――倉坂さんがコスプレに目覚めたきっかけというのは?

倉坂 初めてコスプレをしたのは高校1年生のときです。アルバイトをしてお給料をもらって、最初に買ったものがコスプレ衣装だったんです。元々小学6年生ぐらいからいろんな漫画やアニメを見るようになって、ネットで画像を収集しているときにコスプレイヤーさんの写真が出てきて「何これ! 私もやってみたい!」と思ったのが最初のきっかけだったんですけど、当時はお金がなかったからできなくて。なので、高校生になってやっと憧れのコスプレを体験することができました。

――念願のコスプレを経験して、相当うれしかったのでは?

倉坂 それが全然うれしくなくて。素敵なコスプレイヤーさんの写真を何年も見てきたので「私も衣装を着たらあんなふうになれる!」と思っていたのに、いざ着て鏡の前に立ったら「違う、これじゃない」と。お化粧も下手だし、ウィッグや衣装のサイズも合っていなかったんですよね。そこで「ただ衣装を買って着るだけじゃコスプレにならない」と気付いて、満足できるコスプレがしたいと思って試行錯誤をするようになりました。

――そこがコスプレイヤーとしての原点だったんですね。

倉坂 はい。ただ、一番最初は具体的に自分の何が悪いのかも分からなくて。でも活動をしていくうちにコスプレイヤーの友達も増えて、アドバイスをもらったり、あとはイベントに足を運んでコスプレイヤーさんを直接見て「ここはこうなってるんだ!」と学んだりしました。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事