FOLLOW US

UPDATE|2021/03/23

SKE48江籠裕奈、涙のソロライブ翌日に本人を直撃「悩んでいる子が、私のライブを観て何か感じてくれたら」

3月13日(日)名古屋のライブハウス・ボトムラインで行われたソロコンサート (C)2021 Zest,Inc.


――『そばかすのキス』で、抽選で当たった1名のファンだけに目線を送るという、とんでもないプレゼントもしましたね。

江籠 落ちサビプレゼントです(笑)。あの曲は間奏が長いので、何かしたいなと思って、考えつきました。「あいつにだけ、ずるい!」って怒られるかと思って不安だったけど……優しいファンの人だといいな(笑)。数百人規模の会場だからできたことでもあります。

――最後に『無意識の色』を置いたのは?

江籠 この曲を踊っていると、無敵だなって思えるんです。自分の気持ちが乗りやすい曲ってあるじゃないですか。私にとって、それが『無意識の色』なんです。振り付けの力強さ、ネガティブからポジティブに向かっていく歌詞も好きです。

――話は前後しますが、待望のソロコンですよね。袖から登場した時はどんな心境でしたか?

江籠 緊張はしませんでした。純粋に私だけを観に来てくださっているのがわかっていたから、怖いものはないなと思って(笑)。でも、1曲目の『初日』で普通に感動しちゃいました。

――Aメロから泣きだすという(笑)。

江籠 『初日』を1曲目にすることは、ずっと前から決めていました。初日を迎えるまでの気持ちや道のりが書かれている曲じゃないですか。自分もいつかこういう気持ちで何かの初日を迎えられたらいいなって、憧れていた曲なんです。劇場公演の初日を迎えることは今までだって何度もあったけど、16人で迎える初日と、私だけで迎えるソロコンはまるで違いました。歌詞の内容と自分の道のりがリンクしたんです。「私は立ってる 憧れていたステージ」とか、「まさに今の自分だ!」と思って。1曲目ということもあって、この曲はめちゃくちゃ練習を積んだんです。リハーサルで歌の先生から「完璧。OK」と唯一言われていた曲で。ところが、出だしから歌えなくなってしまいました(笑)。いつかもう一回ちゃんと歌いたいです。

――でも、客席は温かい空気でした。

江籠 客席には久しぶりに来てくださった方が何人もいらっしゃいました。SNSのコメントを読んでいたら、「今はSKE48から離れてしまったけど、えごちゃんのことはずっとチェックしていて、一人で夢を叶えた姿を観に行きたかった」という声がいくつもありました。さらには、「自分はこんなにアイドルから力をもらっていたんだということに気づけた」という声もたくさんあって。自分の夢を叶えるためのソロライブだったのに、予想外の反応が多かったことにビックリしました。これって、アイドルを長くやっているからこその反響だなと思って。いい姿を見せることができました。

――歌に力を入れてきたと話していましたね。

江籠 一人でステージに立つ以上、説得力がないといけないし、9年以上のアイドル活動の集大成を見せないといけないとも思っていましたから。特に『奇跡の流星群』という、私の初めてのセンター曲をどうしても歌いたかったんです。キーが高くて苦手だったんですけど、ちゃんと歌いたくて練習しました。出来はまだまだだけど、気持ちは伝わったかなと思います。アイドルのライブとしては最高の出来でした(笑)。
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事