FOLLOW US

UPDATE|2021/03/28

体当たりのベッドシーンが話題・奥仲麻琴、ドラマ『ももあん』への想い「中途半端な気持ちでやっちゃいけない」

奥仲麻琴 撮影/松山勇樹

大人の男女4人のちょっとエッチで甘酸っぱい恋物語を描いた奥仲麻琴と岐洲匠のW主演による連続ドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』(ABCテレビ放送)。今作は、第1話の見逃し配信の再生数が同局のコンテンツで過去最高の数字をマークするなど大きな話題を集めた。今回、そんな『ももあん』で体当たりシーンにも挑戦した女優・奥仲麻琴に改めてドラマの魅力を聞いた。
(前後編の前編)

【写真8点】透明感あふれる奥仲麻琴の撮り下ろしカット

──主演ドラマ『ももいろ あんずいろ さくらいろ』が絶好調で、第1話はTverランキングの1位になりました。

奥仲 最初は10何位だったのが、気づいたら3位、2位、1位と上がっていってビックリしました。私自身もTVerをよく観ているんですけど、『ももあん』の30分という放送時間とパンチのあるサムネイルに、「視聴者だったらクリックしちゃうかも」と思ってます(笑)。

──冷静に分析してますね。

奥仲 それに、今は人と会いにくい時代だから触れ合うことを躊躇してしまうけど、『ももあん』は密着するドラマだからいいのかなって(笑)。

──奥仲さん演じる杏は、ドラマの中で男性2人に挟まれた状態でロッカーに入っていましたからね(笑)。

奥仲 密着しました(笑)。

──新型コロナウイルスの濃厚接触者になった筧美和子さんに代わって、『ももあん』に出演すると聞いたときはどう思いました?

奥仲 ドラマの情報は12月には発表されていて、「筧さんが主演なんだ」と思っていたら、その1カ月後にマネージャーさんから主演のお話をいただいて。まず感じたのは、そんな重要なポジションを私がやっていいのかという不安でした。

──出演すること自体に迷いはなかったですか?

奥仲 「描写が気になる」ということはなくて、「私に務まるのだろうか」という気持ちが大きかったんですけど、プロデューサーの方としっかり話をさせていただいて、不安の少ない状態で収録に臨むことができました。

──胸を張って演じないと筧さんにも申し訳ないですからね。

奥仲 一番悔しいのは筧さんなはずだし、中途半端な気持ちでやっちゃいけないなと思って、「やるしかない」と気持ちを切り替えました。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事