FOLLOW US

UPDATE|2021/04/01

『ゴッドタン』でマヂラブ野田クリスタルも絶賛・小椋梨央が振り返る「人生一番の修羅場」だったドッキリの裏側

小椋梨央 撮影/coto

2月27日に放送された『ゴッドタン』(テレビ東京系)の「第3回壁ある芸人矯正プログラム」でバラエティ初出演にして、初ドッキリを受けた小椋梨央。マヂカルラブリー・野田クリスタルの矯正プログラムとして、ニセ番組のゲストとして呼ばれた小椋に対して番宣コメントと称した無茶振りが始まり、最終的には野田との即席コンビではアドリブにも応え、芸人顔負けのツッコミをするなど大きな話題を呼んだ。
今回、そんな小椋に番組収録当時のことを振り返ってもらうとともに、女優としての活動についても話を聞いた。
(前後編の前編)

【写真6点】可愛いだけじゃない、バラエティの才能を開花させた小椋梨央の撮り下ろしカット

──『ゴッドタン』(テレビ東京系)の企画「壁ある芸人矯正プログラム」に出演し、共演した野田クリスタル(マヂカルラブリー)さんに絶賛された小椋さん。放送後は大きな反響を呼びました。

小椋 まさかここまでたくさんの反響をいただけるとは思っていなかったので、まずは本当にびっくりしました! インスタグラムのフォロワー数も、放送前は2500弱だったのが今では1万を超えました。今まで私のことを知らなかった方々からもたくさんコメントをいただけたのが、すごくうれしかったです。楽しく読ませていただきました。

──その『ゴッドタン』ですが、小椋さんはインスタグラムでこの収録を「人生で一番の修羅場」と書かれていましたね。

小椋 はい(笑)。漫才なんて今までやったことがないし、しかも切羽詰まった雰囲気の中でやらなきゃいけなくて。何が正解なのかも全然分からない状況だったんですけど「とにかくやるしかない!」という気持ちでした。そもそも私にとっては人生初の“ドッキリ”で、(偽の)番組の台本もいただいていたので「本番で何を言おうかな」と考えていたところだったんです。そこでまず番宣コメントを撮影することになって野田さんと一緒にカメラの前に立ったら、番宣の撮影が全然終わらなくて……。予想外の展開でした。

──野田さんとはあの日が初対面ですよね。ハイテンションで小椋さんの前に現れたときはどう思いました?

小椋 野田さんが普段どういう方なのか知らなかったので、勢い良く入ってこられたときはすごく圧倒されたし戸惑いました。芸人としてのキャラのまま私の前に来てくださったのか、それとも普段からこういう方なのか、どっちなんだろう?と。ただ、私はバラエティに慣れていないし、プロの芸人さんと1対1でお仕事をしたことも今までなかったので、そのときは「芸人さんとお仕事をするって、こういう感じなんだ!?」と思いました(笑)。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事