FOLLOW US

UPDATE|2021/03/28

日向坂46がデビュー2周年記念ライブを開催、1年3ヶ月ぶりのシングルリリースも発表【写真16点】

撮影/上山陽介


ここで新三期生の3人(髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世)だけステージに残り、MCを続ける。昨年2月にグループに配属された新三期生は、ファンの前に立つのはこれが初めて。髙橋は「ステージに上ったら、ペンライトが一面に広がっててすごくきれいで、感動しました」と語った。そして、日向坂46に配属されることが決まった当時を振り返り、森本は「配属を聞いて、みんなで泣いたよね、集まって。3人で、嬉しいねって」と明かし、山口は「私はほんとに日向坂46が大好きで、入れて嬉しいです」と話した。

続いてけやき坂46時代の懐かしい衣装で先輩メンバー達が登場。「皆さん、懐かしいあの曲、聴きたいですよね!?」という加藤のあおりをきっかけに、過去の名曲が次々と披露された。

まずはけやき坂46としてリリースしたアルバム「走り出す瞬間」の収録曲「ひらがなで恋したい」。メンバーたちは「はい、はい!」と元気に声を上げながら会場に散らばって踊った。さらに、初期の一期生曲「僕たちは付き合っている」を青春感たっぷりに歌った。

そして、多くのメンバーがフェイバリットに挙げる隠れた名曲「抱きしめてやる」を歌唱し、感情の乗った激しいダンスを見せた。次の曲は一転してミディアムテンポの暖かな曲「君に話しておきたいこと」。ARの花が咲き誇る華やかな演出も加えられた。この2曲はともに欅坂46の8thシングルのカップリング曲で、日向坂46としても、2019年以来歌う機会がなかった貴重な楽曲だ。

MCでは、「走り出す瞬間」をリリースした当時の東名阪ツアーの思い出を一期生たちが語り合った。潮紗理菜が「記念すべき日に懐かしい服を着れてテンションが上がった」と言う一方、当時は休業していた影山優佳は「まさかの今日、初めてこの衣装を着ました」と笑顔で語った。

次は二期生、一期生の楽曲を一曲ずつ披露。二期生が初めてもらった曲「半分の記憶」では、イントロ部分で「2」を描く振り付けが今回の2周年ライブにぴったりだった。一期生にとって思い入れが強い「永遠の白線」では、卒業した3人を含む12人分のポーズをラストで決め、けやき坂46の歴史を思い出させてくれた。

そして今度は二期生がMCを担当。けやき坂46初期のハーネス衣装を、そらいろの生地で作り直した新衣装で登場した。河田陽菜はこの衣装について「ランドセルっぽくて、小学生以来の気持ちを思い出して」と言って他のメンバーを笑わせていた。丹生明里は日向坂46としての2年間を振り返り、「楽しい楽しい2年間でした。来年も楽しいが更新できたらいいなと思います」と特大の笑顔で語った。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事