FOLLOW US

UPDATE|2021/04/16

「あんな純粋な子見たことない!」クロちゃんも恐れるNEO天然アイドル・まえだゆうの魅力に迫る

撮影/平松大輔

今、一部のアイドルファンからひそかに注目を集めているアイドルがいる。妖艶な色香を振りまくお姉さん系グループ・prediaのまえだゆうである。保育園で働きながらアイドル活動を続けるという異色の経歴もさることながら、他に類を見ない独特の言語センスや忍者愛を炸裂させるなどの特異なキャラで一目置かれる存在に。アイドルに造詣が深い安田大サーカス・クロちゃんも「あんなに純粋で、なおかつイカれている子はいない!」と太鼓判を押す。まずはそのクロちゃんの解説に耳を傾けてみよう。

「普通は芸能界の中で何年も活動していると、自然に業界の色に染まっていくものなんです。ところがまえだゆうちゃんの場合、30歳を過ぎてもまったくブレずに純粋無垢なまま。逆にそれがヤバいと思うんですよ。これまで僕もいろんなアイドルと接してきました。やっぱりグループの中にいると、無理してキャラクターを作ったり、頑張って毒舌を吐こうとしたり、個性を出そうと躍起になるわけです。まえだゆうちゃんにはそういう打算的なところが一切ない上に、精神年齢が小学生低学年くらいで止まっていますからね。もう引き込まれざるをえない。彼女のTikTokとか最高ですよ。頭を空っぽにして延々と見ていられますから(笑)」

 ENTAME nextでは、そんなまえだゆうを緊急インタビュー。知られざる素顔に迫った。(前後編の前編)

【写真】インタビュー中、くるくると変わる表情もキュートなまえだゆう【8点】
     *     *     *

──現在はひらがな表記の「まえだゆう」さんですが、以前は「前田ゆう」だったそうですね。そして普段は「ちゃんころぴー」と名乗っているのだとか。ちゃんころぴーとは何なのか、まずはこのあたりから説明お願いできますか。

まえだ しかし特に深い理由はないんですよ。名前が「ゆう」だから「ちゃんゆう」と呼ばれることが多くなり、そこから略して「ちゃん」となりまして。「ちゃん」よりは「ちゃんころぴー」のほうが響きも可愛いから、「今日から『ちゃんころぴー』と呼んでね」と定着させました。急にひらめいたんです。

──しかも、ちゃんころぴーというのも正式名称ではないらしいですね。

まえだ そうなんです。「ポリスキーCKRちゃんころぴー」というのが正式な名前です。しかしラジオ番組で加藤浩次さんが決めてくれました。私は「ポリポリ」というのが口癖なので、「お前はポリスキーだ」と言われたんです。普通、名前って下だけじゃなくて名字もつかないと変じゃないですか。ちゃんころぴーの名字がポリスキーなんです。しかしCKRのCはフランシスコ・カラバイヨ選手から、Rはタフィ・ローズ選手から取っています。Kの理由は忘れました(笑)。(※インタビュー後に、「K」の由来は、九官鳥のようによく喋るということでメンバーから言われ始めたことだと判明)

──ローズが好きなんて渋い趣味です。

まえだ 私は大阪出身なので、当然、大阪ドームに行きますよね。小学校のとき、フェンス越しに練習を見ていたら、なんとローズ選手がちゃんころぴーに向かってウインクしてくれたんです! もう一発でやられちゃいました! しかし当時、学校では松坂大輔投手、松井秀喜選手、高橋由伸選手とかが人気だったんですけど、私はローズ選手一筋でした。
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事