FOLLOW US

UPDATE|2021/05/13

「なぜ選ばれたんだろう?」からスタート、美女Mリーガー・瑞原明奈が語る迷いと成長の2年間

撮影/佐々木和隆

半年以上戦い抜いた麻雀プロリーグ・Mリーグも、ついに優勝を決めるファイナルシリーズに突入。しかし、そこに昨シーズンのチャンピオン・U-NEXTパイレーツと、そこでデビュー年に優勝を経験し、麻雀ファンの人気を一気にさらった人気女流プロ・瑞原明奈の姿はなかった。優勝から一転、振るわなかったチームのなか、彼女はどんなことを考えていたのか。そして今を時めく美女雀士は、いかにして麻雀の世界に足を踏み入れたのか、ロングインタビューで迫る。(前後編の前編)

【写真】家庭では2児の母、瑞原明奈の私服撮り下ろしカット&インタビューカット【10点】

――瑞原さんはMリーグがスタートして2年目のドラフトで選ばれました。この時、自分が選考の俎上に乗っていると思っていましたか?

瑞原 思っていなかったです。この年から全チームで女性プロ所属が必須になるレギュレーションになると聞いた時も、「面白そうだなあ」って他人事みたいに感じていました。やっぱり実績面で候補者の枠には入れていないと思っていましたから。

――指名の理由は聞いたんですか?

瑞原 いろいろ聞いたんですが、これが決め手、という理由ははっきりとは……。私はプロになって2年目から産休や育休に入ったりして、プロとして思うように活動できないことにもどかしさを感じていたんですね。そんな中で、ちょっとでも麻雀力を衰えさせずに、あわよくば成長させようと思ってネット麻雀をやり始めたんですが、そこでの成績が評価された、というのはあるかと思います。

――たしかにファンの間では、パイレーツはネット麻雀が強いプロの集団だというイメージがあります。瑞原さんも界隈ではネット麻雀「天鳳」のID「みかん太」が強豪プレイヤーとしてすごく有名です。でも、ずっとネット麻雀を続けているわけではなかったんですね

瑞原 プロになる前は、麻雀を打ちたい欲求を発散するためにやっていたくらいで。ちゃんとやりこむぞ、と始めたのはその時でした。チームメンバーも「天鳳」にゆかりのある人たちではあるんですけど、そこに特化しただけの人たちではないし、私もネット麻雀出身と誤解されがちなんですけれど、実際はそういうわけでもないんです。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事