FOLLOW US

UPDATE|2021/05/20

世界遺産検定を所持するアイドル・AKB48武藤小麟が語る名所の魅力「海外のファンとも話が弾みます」

AKB48 武藤小麟

AKB48の武藤十夢の妹であり、AKB48の16期生として活躍中の武藤小麟(おりん)。東京オリンピックの開催をきっかけに世界に目を向けてみようと勉強を始め、なんと世界遺産検定2級の資格を所持しているという。今回、世界遺産の面白さについて、たっぷりと語ってもらった。

【関連写真】30歳を超えてさらに美しさを増したAKB48・柏木由紀、撮り下ろしカット【8点】

ーー世界遺産にハマったきっかけは?

武藤 昨年、オリンピックをやる予定だったじゃないですか。そこで世界にも目を向けたいなと思って、世界のことを知れる何かないかなって調べたら、世界遺産検定というのがあって。それといつかクイズ番組に出たいって夢があって、だったら検定を受けてみようって思い、1カ月ほど勉強をして、無事に世界遺産検定2級に合格しました。

ーーそもそもですが、世界遺産って普通の観光名所と何が違うんですか?

武藤 世界遺産はその価値が世界的に認められているものです。10コある基準のどれかを満たさないといけないんですけど、そのハードルがとても高くて、今のところ全世界で1121件しかないんです。ちなみに世界遺産は、建物や遺跡などの「文化遺産」、自然地域などの「自然遺産」、文化と自然の両方がある「複合遺産」の3種類があります。

ーー行ったことのある世界遺産は?

武藤 秋田県の白神山地は小学校3年生の時に行きました。その時はまだ世界遺産についてよく分かっていなかったんですけど、すごく緑がきれいで、滝があったり、日本にこんな自然のすごい場所があるんだって、驚いたのを覚えています。あと確か、興奮して家族を置いて先に行っちゃって、迷子になりました。

AUTHOR

関根 弘康


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事