FOLLOW US

UPDATE|2021/06/12

クラファンで380万円を集めたアイドル・森ふうかが語るコロナ禍で生き残るアイドル論

森ふうか 撮影/松山勇樹

昨年から続くコロナ禍の影響で大手アイドルでも苦しんでいるなか、1回目の緊急事態宣言中に所属事務所を辞めて独立し、クラウドファンディングで活動資金を集めて自らの力で次々と「やりたいこと」を実現している“フリーランスソロアイドル”がいた。「森ふうか」は、なぜ多くのファンや関係者たちから支援してもらうことができているのだろうか。彼女が語ってくれた“コロナ禍の生き残り術”は、きっと多くの人にとっての明日を生き抜くヒントになることだろう。(前後編の後編)

【写真】スーパーポジティブアイドル・森ふうかの撮り下ろしショット

──森さんは21歳でアイドルになるまでに、マクドナルドや有名ホテルのコンシェルジュ、バスガイドなどさまざまな仕事を経験してきましたけど、森さんの礼儀や行動力といったものは、今までのどの経験が活きていると思いますか?

 やっぱり高校生のときに始めたマクドナルドのバイトですね! 仕事がすっごい楽しかったから「接客業最高! 登り詰めたい!」って思うようになってきて、突き詰めていったら「オールジャパンクルーコンテスト」っていうコンテストの山梨・東京エリアで優勝することができて(笑)。店舗のマネージャーとかもやらせてもらったんですけど、マックって実はクレームの対処方法とかすごいしっかりしてるんですよ。それで私は「接客極めたい」と思って20歳のときにホテルに就職したんですけど、そこでマネジメントや接客の勉強をしたときに中身がほとんどマックと一緒で、「コレってそうだよね、知ってる知ってる」みたいな感じだったから、すでに自分のものになってるなっていう感覚はありました。

──どちらも大事なことは一緒だったんですね。今のアイドルにはそういう“接客力”も重要なのかなと思うんですけど。

 そうですね。たくさんのアイドルさんがいるなかでいかに「また観たい」「また応援したい」って思って貰えるかはずっと意識してきたし、それこそマックとディズニーの経験が活きていて、ファンの方とのやりとりだったりとか、ちょっとした一瞬の出来事が思い出になったりできるように意識したりはしています。

──ファンは言わば“顧客”ですからね。

 そうですね~。でもそれが本っ当に大変で! 独立したときはもう「ウヒョ~楽しい~!」って感じだったし、何やってもお客さん興味持ったり付いてきてくれたりしたんですけど、やっぱり今のコロナの状況とかもあるなかで同じことをやってたらホントに来なくなるから。それで「ふーちゃんバックダンサーズ」っていうバックダンサー集団を作ったり、イベンターや吉本の芸人さんを巻き込んで面白おかしくやったりしてるんですけど、そういう“周りを巻き込む”力が無いとこの先は生きていけないのかなって思うから、どんどん巻き込んでいきたいなと思ってます。

AUTHOR

鎌形 剛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事