FOLLOW US

UPDATE|2021/06/15

SKE48卒業の野島樺乃がソロ公演を開催、7月活動開始のユニット「&」を初披露

(C)2021 Zest, inc.

今月末にSKE48を卒業する野島樺乃が14日(月)、SKE48劇場でソロ公演を開催。アンコールでは、卒業後に所属して活動することが決まっているユニット「&」(アンド)の楽曲をメンバーと共に初披露した。

【写真】思わず涙ぐむ場面も、野島樺乃がソロ公演の模様【15点】

野島は2015年3月に7期生としてSKE48に加入。6年前、野島がSKE48のオーディションで歌った『未来とは?』で3度目のソロLIVEは幕開けた。

この曲は7期生お披露目の時には野島がセンターを務めた曲でもあり、続けて『彼女がいる』、『制服を脱ぎたくなってきた』と思い入れのある曲を披露。『花の香りのシンフォニー』は、ファン投票により歌唱メンバーに選ばれた大切な曲。

次のコーナーでは、同じチームSのリーダー松本慈子と、同期の太田彩夏と登場。「アイドルの野島樺乃だからこそできるソロLIVE」をと、カッコイイ『制服レジスタンス』、セクシーな『抱きしめられたら』、キュートな『ハート型ウイルス』を、次々に衣装を替えて披露。「やりたい放題やらせていただいて、満足です!」と笑顔を見せた。

アイドルらしいAKB48グループの楽曲を詰め込んで、「皆さんが帰るときに楽しかったなとか、もう1回観たいなと思ってもらえるLIVEだったら嬉しい」と、本編最後に『不器用太陽』をしっとりと歌った。
野島樺乃

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事