FOLLOW US

UPDATE|2021/07/12

ライブレポート・櫻坂46&日向坂46合同野外ライブ終幕「これからもお互い高みを目指して」 【写真32点】

櫻坂46 & 日向坂46『W-KEYAKI FES.2021/ 撮影・上山陽介

櫻坂46と日向坂46が7月9日〜11日の3日間、富士急ハイランドコニファーフォレストにて合同の野外ライブ『W-KEYAKI FES.2021』を開催した。今回、そのライブレポートとライブ写真が届いた。

【写真】櫻坂46 & 日向坂46『W-KEYAKI FES.2021 DAY-1~DAY-3』 ライブ写真【32点】

欅坂46から櫻坂46へ、けやき坂46(ひらがなけやき)から日向坂46へ……1本の欅から生まれ、それぞれ自分たちの坂を駆け上がっている2グループが『W-KEYAKI FES.2021』のタイトルのもと、かつて『欅共和国』を行ってきた“聖地”ともいうべき富士急ハイランドコニファーフォレストに集結。初日は櫻坂46がメンバー勢揃いで初の有観客ライブを、2日目は日向坂46がグループ初となる野外ワンマンライブをそれぞれ実施した。

初日は序盤こそ雨に見舞われたものの、櫻坂46は天候に左右されることなく圧倒的なパフォーマンスを展開。曲間にダンストラックを挿入するなど、シームレスな展開で観る者を惹きつける。また、この日は春から休養中だった尾関梨香もライブに復帰し、元気そうな笑顔を観客に届けてくれた。ライブ後半からは濃霧もステージ演出に味方し、幻想的な世界観とクールかつ熱のこもったダンスによってグループ初の単独公演を大成功のうちに終えた。
櫻坂46

初日とは打って変わり、晴天に恵まれた2日目。照りつける太陽とどこまでも広がる青空のもと、日向坂46は期別楽曲を含む最新シングル『君しか勝たん』からのナンバーや、ヒット曲の数々を連発。ファンのことを“おひさま”と呼ぶ彼女たちにとって絶好の舞台となった富士急ハイランドコニファーフォレストにて、トロッコなどを用いたハッピーオーラ全開のパフォーマンスで観る者を魅了し続けた。
日向坂46

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事