FOLLOW US

UPDATE|2021/08/11

蛙亭・イワクラが芸人を目指した理由「小学校のときなんばグランド花月を見て感動」

蛙亭・イワクラ 撮影/西邑泰和

「第7世代フィーバー」に沸くお笑い界に彗星の如くニューカマーとして登場し、テレビでも結果を残し続ける男女コンビ・蛙亭。その独創的なコントの「頭脳」である岩倉美里、改め「イワクラ」が、大阪での苦労時代から現在まで、サクセスストーリーの一部始終を語る。(前後編の前編)

【写真】お笑い界のニューカマー蛙亭・イワクラ

ーー蛙亭のお2人が上京したのは去年の4月ですが、あっという間にテレビでも大活躍されていますね。

イワクラ(以下、イワ) もう日々、最高というか。へへへへ。

ーー顔がニヤケてますね(笑)。

イワ 考えただけで口角も上がっちゃうんですよ(笑)。「最高過ぎる!」としか言いようがないです。上京後2カ月間はコロナの自粛期間と重なって、大阪の先輩とかにも「舞台もないけど大丈夫? 大変だね」って心配されてたんです。でも大阪でも、もともと仕事もなくてバイトばっかりしていたんでそれほど辛くはなかったですね。バイトをやろうにも募集も全然ないし「とりあえず家でおとなしくしとこう」って感じでした。

ーーそれだと生活がままならなくなってきたんじゃ?

イワ そろそろヤバいな、って思ってたんですけど、6月になったらそれこそ今日まで、本当に信じられないくらいテレビの仕事が一気にバーッて増えて。劇場も再開されましたし。初めてお笑いだけで生活できる状況になったんですよ。それはとにかくうれしかったです。

ーー大阪時代は芸人としてのギャラでは生活できていなかったんですか?

イワ 芸人の給料はほとんどなかったです。週に1回、多くて2回の劇場出番くらいで。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事