FOLLOW US

UPDATE|2015/01/09

広島が生んだ至宝のアイドル・まなみのりさが東京で学んだ「ライブで大切なこと」

 広島出身のアイドルながらも、圧倒的なパフォーマンス力と抜群のチームワークで全国に名を轟かせる3人組のアイドルグループ「まなみのりさ」。2007年のデビュー以来、広島を拠点に活動していた彼女たちだったが、昨年4月に上京して東京での活動を本格的に開始。精力的にライブ活動を行い、着実に新たなファン層を拡大している。昨年12月26日放送の『アイドルお宝くじSP 全国アイドル大集合!!お宝カヴァーしNIGHT』では、人気実力派アイドル10組が出場する中で見事に優勝。1月10日開催のワンマンライブは昨年の時点でソールドアウトと勢いに乗っている。そこで、まなみのりさの3人に原点とも言える結成当時のこと、そして上京してから現在までのエピソードを語って貰った。

まなみ(谷野愛美)●1991年8月7日生まれ

みのり(岡山みのり)●1990年12月2日生まれ

――2007年8月8日に『I DOL DAMA☆C』でインディーズデビューを果たしますが、当時は今ほどアイドルグループもいなかったですよね。

みのり 全然いなかったですね。まだ、ご当地アイドルも馴染みのない時代ですからね。

――まなみのりさがご当地アイドル決定戦「U.M.U  AWARD2011」でグランプリを受賞したのも2011年12月のことですからね。

みのり それが今では広島にもたくさんのアイドルさんがいるんです。

――ここまで辿り着くには紆余曲折あったと思うんですけど、長くグループを続ける秘訣はあるんですか。

みのり 今は家族よりも一緒にいる時間が長いし、喋らなくても平気なんです。十年以上の付き合いだから何を考えているかも分かってくるし。でも長く続ける秘訣ってなんだろう……。

りさ 細かいことを気にせずに、でも言いたいことは言うってことですかね。話し合いは大切です。

まなみ 同じ夢に向かっているのも大きいですよね。

――東京を拠点にして、広島にいた頃とスタンスは変わりましたか。

りさ 周りにばかり頼らず、何でも自分発信でやらないといけないなって気持ちが強くなりました。

まなみ 広島にいた頃は与えられたことを当たり前にようにやっていたんです。それが当たり前じゃないんだなって感じる場面も多くて、自ら道を切り開いていくというか。3人それぞれが私生活からステージまで一から見直すキッカケになって、ライブに対する意識も変わりましたね。

りさ もともとライブは大好きだったし、いつも全力でやってきたんですけど、東京はたくさんのアイドルさんがいらっしゃるじゃないですか。同じ夢を持った人が大勢いる中で、どうやって存在感を出して、まなみのりさらしさを築けるのかを、すごく考えるようになりました。

みのり 大勢の中から生き残っていくためには自分たちなりの道を、ちゃんと作って行かなきゃいけないなと。

――東京はアイドルイベントも多いですからね。

みのり 昨年4月から本当にたくさんのライブをやってきたんですけど、最初の頃は他の人よりも歌って踊って、とスキルを見せることを中心に考えていて、それが良いと思い込んでいたんです。でも途中から、もしかして間違っているんじゃないかと。スキルを見せるというよりは、会場の皆が楽しんで貰えるのが一番なんだって気付いた時から、ライブに対する考え方や選曲も変化して。見てくれた方も、今までは「まなみのりさってすごいよね」だけだったのが、「まなみのりさのライブ良かった。また行きたい」って思ってもらえるようになったと感じています。

次ページ/上京してもっとも苦労したことは?

りさ(松前吏紗)●1991年6月12日生まれ

――以前からアイドルファンの間でまなみのりさの知名度は抜群でしたよね。

みのり 確かにご当地アイドル決定戦などをキッカケにアイドルファンの方は名前を知ってくださったんですけど、実際にライブを見た方は少なかったんですよ。それがライブの本数も飛躍的に増えて、見てもらえる機会が増えたのも良かったですね。

まなみ あと東京に来てメンタルが強くなりました。前は辛いことがあると、すぐに泣いちゃってましたからね。生活面でも、広島では親がやってくれていたことを自分でやらなきゃいけないし、責任感も強くなったかなと思います。

――上京して生活面で一番苦労していることは何ですか。

まなみ 電車ですね。早めに出ても乗り換えで迷ってしまったりして。

みのり 電車の乗り換え案内を携帯で調べても駅構内は意外に広いので、時々間に合わなくて。

りさ あと広島よりも東京の人は歩くのが早いから、スピードに驚きました。

――ステージでは激しいダンスをしているのに、普段はゆっくり歩いているんですね(笑)。最後にそれぞれ2015年の抱負を。

まなみ 定期的にワンマンライブを開催できるようにして、どんどん会場も大きくしていきたいですね。そのためには、見てくださる方に満足して貰えるように一つ一つのライブを丁寧にやっていきたいです。

みのり 見てくださる方に皆が楽しんで貰えるライブはもちろんなんですが、いろんなことにチャレンジしたいです。去年からアコースティックライブも始めたんですけど、他のアイドルさんがやらないような試みも積極的に行って、「まなみのりさっていつ見ても面白いことするよね」と常に興味を持って貰えるグループになりたいです。

りさ 東京に出てきて間もないので、まだまだ私たちのことを知っている方は少ないですけど、どんどんファン層を広げたいですね。そのためには楽しいライブを作っていくのが一番だし、「まなみのりさ」ってジャンルを作れるように頑張りたいです!

〈インタビュー・文/猪口貴裕 撮影/山本宏樹〉



まなみのりさ 3rdワンマンLIVE in TOKYO"MMRe:start"
2015年1月10日(土) OPEN 18:00/START18:30
会場:六本木 Morph-Tokyo(チケットSOLD OUT)
◆ライブのニコ生の放送が決定!
http://live.nicovideo.jp/gate/lv205952150

 
猪口貴裕 実話誌から飲食系の業界誌まで節操なく執筆しているフリーライター。最初に好きになったアイドルは斉藤由貴、心の師と仰ぐアイドルはメロン記念日。

RECOMMENDED おすすめの記事

RANKING 人気の記事