FOLLOW US

UPDATE|2021/08/13

堤幸彦監督ドラマで田中圭が“シンデレラおじさん”小手伸也と初共演、警察バディに挑戦

Huluオリジナルドラマ『死神さん』 小手伸也・田中圭 (C)HJホールディングス

主演・田中圭×メイン監督・堤幸彦の最強タッグで贈るHuluオリジナルドラマ『死神さん』が、9月17日(金)からオンライン動画配信サービスHuluで独占配信をスタートする。この度、第壱話のゲストに、田中圭とは初共演となる小手伸也が登場することが解禁された。

本作は、大倉崇裕の同名小説『死神さん』(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中圭)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描く。

田中圭と第壱話でタッグを組むのは、45歳で“シンデレラおじさん”として大ブレイクし、確かな演技とチャーミングな存在感でテレビや舞台、映画など、ますます活躍の場を広げる実力派俳優、小手伸也。叩き上げの中年刑事役を演じる。

小手は「警察のバディものにすごく憧れていたので、やっとこういう役が演じられて嬉しかったです。」と語り、初共演となる田中は、バディを組んだ小手について「面白かったです。本当に、小手さん面白かったです(笑)。面白かった以外、なんの感想があるんだろうな」と語っている。

小手は「短いようで長いようで、結果的にあっという間の撮影期間でしたが、非常に刺激的で楽しい思いをいっぱいさせていただきました」ともコメントしている。

【写真】田中圭と初タッグを組む小手伸也、『死神さん』の場面写真


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事