FOLLOW US

UPDATE|2015/02/03

AKB48の歌う「みんなのうた」の楽曲が大反響

AKB48が2~3月放送回のNHK「みんなのうた」を担当し、話題を集めている。

 『履物と傘の物語』というタイトルの同曲は、歌詞をAKB48の総合プロデューサーを務める秋元康氏、作曲を片桐周太郎氏、映像は数多くの「みんなのうた」を手がけている南家こうじ氏がそれぞれ担当。

 田舎町で隣同士に暮らす履物屋と傘屋のおばあちゃん2人の心温まる物語で、夫に先立たれ、子供たちが自立しても、お互いの店を行き来してともに過ごす幸せな日々。やがて、亡くなった2人の家の押し入れからは、お互いに買い合った履物と傘が山のように出てくる。その履物の数だけ、傘の数だけ「しあわせ」がそこにあった…というストーリー。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事