FOLLOW US

UPDATE|2021/09/24

アプガ(2)、東名阪ツアー東京公演で初EP作品のリリースを発表

『アップアップガールズ(2) #でっ8 東名阪で残暑見舞い申し上げます☆』東京公演

アップアップガールズ(2)が、9月23日(木・祝)に東京・下北沢シャングリラで、東名阪ツアー『アップアップガールズ(2) #でっ8 東名阪で残暑見舞い申し上げます☆』の東京公演を開催。ライブ中に、全10曲入りの初EP作品(タイトル未定)を11月16日にリリースすることをサプライズ発表した。

【写真】かわいさ溢れる弾けたステージ…アプガ(2)ライブの模様【36点】

アプガ(2)は、メンバー8人の念願だったZepp Tokyoでのワンマンライブを11月26日に開催が決定。今回のツアーは、現在のグループのパワーを見せさらに成長していく、ビッグマッチに向けた試練の場。9月18日に大阪、19日に名古屋のツアー2連戦を行い、久々の遠征ライブで各地のファンを盛り上げてきた。

メンバーはツアーの模様を、SNSで“#アプガ2記録更新中ツアー”のハッシュタグをつけて拡散中。このハッシュタグは、8月23日に配信リリースした新曲「ナツメグ」の歌詞のワンフレーズを引用したもの。そこには、ツアー1公演ごとに前のライブを超えていくという思いが込められている。まさに、気合いたっぷりのアプガ(2)。彼女たちは、この日のライブで全15曲を歌唱する熱気あふれるステージを繰り広げた。

なお今回の公演は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮した形で行われ、観客はペンライトやハンドクラップでメンバーを応援した。

ライブは、最年少15歳の佐々木ほのかがセンターを務める賑やかなポップチューン「にきちゃんわんだーらんど」からスタート。9月27日に配信リリースされる新曲「ハイライト」や大森靖子が楽曲提供した「し・て・る・も・ん」、サクライケンタが手掛けた「強がりライライライ」などを歌唱していく。かわいさ溢れる弾けたステージを見せたかと思えば、かっこよく情熱的なパフォーマンスを見せたりと、カラフルなアプガ(2)の持ち味を次々と披露し観客のテンションをアップさせていった。

今回のツアーではメンバーのユニットコーナーが設けられ、各公演ごとにメンバーが趣向を凝らしたステージを展開。吉川茉優は、自身が作詞したソロ曲「恋藍」を歌唱する。マイクスタンドを使い、切ない想いの詰まった恋愛バラードを伸びやかな歌で聴かせていった。

バラエティー番組でも活躍する鍛治島彩は島崎友莉亜とタッグを組み、キュートさ全開なポップチューン「ハッピースLOVE▽」(※▽は「ハート」)を披露。大きなラブレターを手にし、コミカル要素たっぷりなパフォーマンスで観客を楽しませた。

その後もアプガ(2)は、デビュー曲「二の足Dancing」、つんく♂が楽曲プロデュースした「Be lonely together」などを続々と歌唱し会場のボルテージを高めていった。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事