FOLLOW US

UPDATE|2021/10/06

韓国人初のNMB48 イ・シヨンが語る「私が日本のアイドル、NMB48を目指した理由」

韓国人として初めAKB48グループに加入した李始燕(イ・シヨン)

今年8月にNMB48の7.5期生としてお披露目された李 始燕(イ・シヨン)が話題になっている。ソウル生まれの21歳。生まれも育ちも韓国ながら、彼女がもっとも好きになったのはK-POPアイドルではなくAKB48グループだった。念願かなって日本でアイドルへの道を歩み始めた彼女に、AKB48を好きになった理由から、理想のアイドル像までを聞いた。(前中後編の前編)

【写真】韓国人初のNMB48 イ・シヨンの撮り下ろしカット【6点】

     *     *     *

――初めまして。

李 シヨンです。よろしくお願いします。

――ニックネームの「しよみん」はどうやって決まりましたか?

李 韓国で「かわいい人」のことを「キヨミ」というので、自分のことを「シヨミ」って勝手に言っていたんです。それに「ん」をつけて、「しよみん」にしました。韓国の友達は絶対「シヨミ」とは呼んでくれなかったんですけど(笑)。

――昨年開催された7期生オーディションを受けたのはなぜですか?

李 もともと日本のアイドルが好きだったんですけど、韓国でもアイドルになりたくて、その準備もしていました。でも、なかなかうまくいかなかったので諦めかけた時に、NMB48の7期生の募集を見かけて。私は外国人だから難しいかなと思いながら、軽い気持ちで応募してみたんです。そしたら、二次の面接まで通過していました。そのタイミングでコロナのため来日できなくなって、三次からは私だけ延期になってしまいました。そして、今年に入って、最終審査を受け、7.5期生として合格させてもらいました。

――オーディションが中断してしまった時は何を考えていましたか?

李 悔しかったです。誰のせいでもないから、仕方ないことだと思ってるんですけど。

――韓国から日本にやって来ることに不安はありませんでしたか?

李 自分は日本語が得意で、もしNMB48のメンバーになれなかったとしても、日本に住みながら大学を目指したかったので。いつか日本で一人暮らししようと思っていたので、不安はありませんでした。

――大阪での暮らしはいかがですか?

李 みんなが仲良しな感じがします。一度クレカを落としたことがあるんですけど、近所の交番に届いていて。「おばあちゃんが拾ってくれたよ」と交番で教えてもらいました。そんな嬉しいこともあって、大阪が大好きになりました。食べ物も日本一美味しいと思います。
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事