FOLLOW US

UPDATE|2021/10/06

韓国人初のNMB48 イ・シヨン、5000人の前で堂々宣言「日本でトップを目指したい」

韓国人として初めAKB48グループに加入した李始燕(イ・シヨン)

今年8月にNMB48の7.5期生としてお披露目された李 始燕(イ・シヨン)が話題になっている。ソウル生まれの21歳。生まれも育ちも韓国ながら、彼女がもっとも好きになったのはK-POPアイドルではなくAKB48グループだった。念願かなって日本でアイドルへの道を歩み始めた彼女に、AKB48を好きになった理由から、理想のアイドル像までを聞いた。(前中後編の後編)

【写真】韓国人初のNMB48 イ・シヨンの撮り下ろしカット【6点】

     *     *     *

――7.5期生として活動を始めて、いかがですか?

李 もし7期生さんと一緒に合格していたら、自分は一年早く活動を始めていたから、早く追いつきたいです。でも、一年後に自分がどうなっているか、楽しみにしています。

――7期生とは仲良くなれましたか?

李 はい。同期だけど先輩だと思って、ダンスも教えてもらっています。今は「Will be idol」公演のレッスンを毎日しています。先輩だと、本郷柚巴さんとはよくLINEをしています。あと、加藤夕夏さんはお母さんみたいに優しいです。卒業しちゃったけど、みるるん(白間美瑠)さんは、「落ち着いたらごはん行こう」って言ってくれています。

――お披露目は8月の大阪城ホールでした。いかがでしたか?

李 5000人の前に一人で立たないといけなかったので、裏ではめちゃめちゃ緊張してしまって、先輩の手を握っていました。でも、ステージに立った瞬間、ファンの皆さんのペンライトが見えて、すごく楽しくなりました。これがアイドルになるということなんだなって思いました。とってもきれいな景色でした。

――親御さんから連絡は?

李 自分が連絡する前に映像を見ていて、「かわいかったよ」と言ってくれました。私よりも私のことを調べています(笑)。

――その大阪城ホールで、「目指すのはトップです」と宣言しました。

李 何を言えばいいかわからなくて、思わず言ってしまいました。新人の私がそう言うのは申し訳ないことかもしれないけど、トップになりたいと思っています。

――「紅白に出たい」とも言っていました。

李 『紅白歌合戦』って、日本で人気があるアイドルとか歌手が出る番組じゃないですか。派手な衣装も着られるし、紅白に出たらアイドルとして認められると思うんです。だから、そこを目指したいです。

――アイドルになって、したかったことはありますか?

李 アイドルの雑誌が大好きなんです。日本には『エンタメ』さんとか、いろいろ雑誌があるので、ぜひ載ってみたいです。よく読んでいるファッション雑誌にも出たいなって思います。

――将来の夢は?

李 日本でトップを目指したいです。そのためにはNMB48で頑張って、モデルやドラマ、バラエティのお仕事をして、有名になりたいと思っています!

【前編】NMB48 イ・シヨンが語る「私が日本のアイドル、NMB48を目指した理由」はこちらから

【中編】NMB48 イ・シヨンが語るソウルでのヲタ活「推しメンは多田愛佳さんでした」はこちらから

▽李 始燕(イ・シヨン)
2000年5月16日生まれ、大韓民国ソウル特別市出身。今年8月14日に大阪城ホールで行われたライブの冒頭で7.5期生としてお披露目される。Twitter:@siyo_min
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事