FOLLOW US

UPDATE|2015/03/01

バイトAKBが集大成となる最初で最後の劇場公演で契約満了 

バイトAKBのメンバーが28日、「バイトAKB 素敵な思い出をありがとう公演~最後の本気のバイト、劇場で見てください!!~」公演を東京・秋葉原のAKB48劇場で行った。

 昨年10月から時給1000円のアルバイトメンバーとして活動をスタートさせたバイトAKB。約4ヵ月半の間、AKB48の一員として劇場公演の前座やミュージックビデオのエキストラなどライブ、握手会といったイベント、テレビやCM出演などを行ってきたが、この日をもって43名全員が契約満了となった。

「バイトAKB 素敵な思い出をありがとう公演~最後の本気のバイト、劇場で見てください!!~」公演の模様 (c)AKS

 さらに、「アンコールが頂けるかドキドキでした」というメンバーたちの心配を吹き飛ばすように割れんばかりのアンコールに導かれて再びステージに登場すると、CMでも着用した赤いTシャツに白いスカートのバイトル衣装に身を包み、最後は「バイトルローテーション」をパフォーマンス。全22曲を熱唱し、それぞれ笑顔や涙を浮かべながら、充実の表情でステージを後にした。

 残念ながら契約満了時点で正規メンバーへ登用された者はいなかったが、メンバーの中には10月に発足する姉妹グループのNGT48のオーディションに挑戦する者や3月1日に3次審査が行われる「第2回AKB48グループドラフト会議」の候補生入りを目指す者も。

 元AKB48の4期生でバイトAKBのメンバーでもある佐伯美香は「『AKB紅白』で柏木(由紀)さんと『てもでもの涙』を歌えた事が印象に残っています。こみ上げるものがありました。ステージに立つと、当時(=3期生在籍時)のことがよみがえってきました。柏木さんとは『久しぶりだね』と話をしましたが、泣いてしまい、抱きしめてもらいました。名古屋の栄で生まれて初めてビラ配りをしたことも印象に残っています」と活動を振り返った。

元AKB48の4期生で、バイトAKBとなった佐伯美香 (c)AKS

 そして、「正規メンバー、バイトAKBとやってきて、裏で支えてくれているスタッフさんの大変さを知ったので、そちらでもやってみたいなと考えるようになりました」と今後、裏方としての活動にも意欲を見せて、「約4ヵ月ですが、色々なお仕事をさせて頂いて、本当に幸せでした。私たちはこれからさまざまな道に進んでいきますが、それぞれにバイトAKBで学んだ事を残しつつ、頑張って行けたら良いなと思っています」と話した。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事