FOLLOW US

UPDATE|2021/10/29

NGT48荻野由佳が語る卒業への思い「アイドルとしてやり残したことはありません」

荻野由佳 撮影/松山勇樹

今年7月にNGT48からの卒業を発表し10月30日に新潟・朱鷺メッセで卒業コンサートを行う荻野由佳。ファースト写真集『これからの足跡』が発売され、これから1人のタレントとして前進していく。そんな彼女に、約6年半のアイドル人生を振り返ってもらった。

【写真】NGT48から卒業する荻野由佳【6点】

――今年7月に卒業を発表しましたね。

荻野 活動をしていくなかで、後輩のメンバーが懸命に頑張っている姿を見る機会が増えました。シングル『シャーベットピンク』では藤崎未夢ちゃんが、最新シングル『Awesome』では小越春花ちゃんがセンターに立っています。センターだけじゃなく、1期生よりも2期生が前に立つこともあります。そんな今、「卒業するにはいいタイミングかも」と感じました。

もうひとつの理由は両親からの言葉です。以前は、私が卒業を考えていたとしても、「もうちょっと頑張りなさい」と言ってくれていたのに、去年の秋か冬には、「もうじゅうぶん頑張ったよね」と言われるようになりました。両親は、娘がアイドルをしている姿を見るのが大好きだったんです。私もその思いに応えたくて活動を続けてきました。でも、その両親が「もうじゅうぶん頑張ったよね」と言ってくれたことで心が楽になりました。後輩も頑張っているし、1期生のみんなも先輩らしく振る舞っている。私もアイドルとして目標としていたことはほとんど叶えることができました。そろそろかなって、自然と思うようになりました。

――自身の年齢(現在22歳)は関係していますか?

荻野 私は、年齢のことはあまり気にしていなくて。ゆきりん(柏木由紀)さんみたいに、アイドルは30歳になって続けてもいいと思っています。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事