FOLLOW US

UPDATE|2015/03/04

Berryz工房にかけられた11年間の魔法 ~武道館ライブレポート前編~

Berryz工房は、最後まで変わらなかった。
 
 7人は2015年3月3日、『Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房行くべぇ~!』でグループとしての活動を休止した。チケットの争奪戦を乗り越え、平日の武道館に辿り着いた精鋭達は、各自思い思いのTシャツに身を包んで彼女達を迎える準備を整えている。開演前に会場に響いた「ベリーズ行くべぇ~!」コールは10分近く、リズムを崩すことは無かった。

 歴史を振り返るVTRでは、はじまりの地・さいたまスーパーアリーナではしゃぐ幼い7人や、卒業したもう1人のオリジナルメンバー、石村舞波の姿が映し出される。そして去年8月2日に中野サンプラザで発表された活動休止の宣言の様子が流れる......。
 
 ベリは、今日を最後に遠くに行ってしまう……会場のファンの涙腺を刺激したところに、なんと猿のコスプレをした7人が登場。しんみりしたムードを一気に吹き飛ばし『行け 行け モンキーダンス』、『I’m so cool!』、『cha cha SING』のお祭りチューンを3曲連続披露。
 
 夏焼は「まさかラストライブで猿のコスプレすると思わなかった。(中略)絶対℃-uteは、やらないもん」と笑う。これには清水も「(℃-uteだったら)いきなり(布の)面積アレなやつだよ」と笑う。女子校ノリの、ほのぼのした会話が続く。夏焼は「(最後だから流石にしんみりすると思ったら)楽屋入って早速御飯食べてる人がいて、最後まで変わらなかった」と笑い飛ばした。
 
 トーク番長・嗣永は、徳永が会場入りの時に、武道館の警備員に「パスを見せて下さい」と制止されたことを暴露。これに徳永は「ベリ史上、5本の指に入るくらいショックだった」と正直気持ちをこぼす。
 
「じゃあ、1番ショックだったことは?」という嗣永からの問いかけに徳永は「センターが取れなかったこと!」と言い切り、会場に笑いを巻き起こす。最後は「ちょっとまぁさ、一発ぶん殴って」と嗣永を一喝。これぞベリ!
 
 そんなコントのようなMCの後は、ライダースジャケットに身を包み『ジリリ キテル』からかっこいいベリをアピール。『世の中薔薇色』ではメンバーカラーのチアリーダー風の衣装に早着替え。定番曲『ライバル』『すっちゃかめっちゃか~』『一丁目ロック!』で畳み掛けるように本編は終了した。
 

Berryz工房『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』

 
achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事