FOLLOW US

UPDATE|2021/10/25

「これ以上はないかもしれない」長澤茉里奈、“合法ロリ巨乳”の集大成に向けて

長澤茉里奈 撮影/山田建史

“合法ロリ巨乳”の愛称を武器に活躍するグラビアアイドル長澤茉里奈が、セルフプロデュース写真集『合法。』を10月25日(月)に発売する。26歳を迎え、ロリを自称することに葛藤を抱えながらも「自分はロリが好き」と貫き通す彼女。制作にあたりクラウドファンディングで1400万円の支援金を集めた超期待作へのこだわりを聞くと共に、“合法ロリ巨乳”の本音に迫る。(前後編の前編)

【写真】長澤茉里奈の撮りおろしショット&写真集先行カット【13点】

──セルフプロデュース写真集『合法。』ですが、前が開かれたセーラー服にスカーフでバストトップを隠すという目を引く過激な表紙ですよね。

長澤 インパクト大ですよね、めっちゃ売ろうと思っています(笑)。私がグラビアデビューをした頃に“合法ロリ巨乳”とキャッチフレーズをつけていただいて、これまでも合法ロリ巨乳として活動してきたのですが、もう26歳になったんですよ。これからもどんどん大人になって、顔つきも変わってくると思うので、今のベストな状態で“合法ロリ巨乳”の集大成としての写真集を作りたかったんです。

──そして『合法。』はクラウドファンディングで資金を集めたということですが、目標額300万円に対して1400万円もの支援がありました。

長澤 まさかそんなにいくとは思わなかったんですけど、やっぱりみんなロリが好きなんだなということを認識できてよかったです(笑)。

──長澤さんはグラビアだけでなくプロ雀士としての顔も持っていますよね。“合法ロリ巨乳”としての長澤さんも、素の顔というより複数持つ顔のうちの1つなのでしょうか。

長澤 それもありますね。こういう撮影をする時は「みんなが好きなロリのまりちゅう」になっているかもしれません。麻雀をしている時は全然違いますし。

──本質はそこまでロリではない?

長澤 どうなんですかね? デビューしたてのときは、そういうコンセプトでやろうとは思っていなかったんですよ。でも気付いたらいろんな人に「ロリだね」「合法だね」と言われるようになって「じゃあこれでやっていこう」と思うようになったんです。でも合法ロリ巨乳の自分は大好きです。

──“合法ロリ巨乳”はなかなかのパワーワードかと思いますが、SNSや周囲から反発を感じたりすることはありませんでしたか?

長澤 私自身は抵抗もなかったし、それで雑誌が売れるならいいなという思いだったんですけど、周りからの「合法って何?」みたいな声はすごく大きかったですね(笑)。「大人がこんな格好して」とか、批判的な声も最初はあったと思います。でもそれより「良い」と言ってくれる人たちの声の方が大きかったから、間違っていなかったと思っています。

──苦しい思いなどもなかったと?

長澤 20代後半になって顔つきが変わることによって、ロリでいたいのに「若作りしている」と言われることへの葛藤はあります。

AUTHOR

山田 健史


RECOMMENDED おすすめの記事