FOLLOW US

UPDATE|2021/11/06

あふれる涙…NGT48が3年半ぶりに朱鷺メッセに立った意味「一番大事なのは、気持ちを揃えること」

10月30日に朱鷺メッセで開催されたNGT48単独コンサートより

10月30日(土)、NGT48が新潟県・朱鷺メッセで昼夜2公演の単独コンサートを開催した。名だたるアーティストがコンサートを行ってきた同所にNGT48が立つのは実に3年半ぶりのこと。「今回こうして立たせていただいた意味はすごく大きかった」そう語るのは創成期からグループを支えてきた1期生の西潟茉莉奈だ。12月に発売される7thシングルでセンターを務める2期生の小越春花とともに話を聞き、改めてあのコンサートの意味を考えてみた。

【写真】締めは『Maxとき315号』、NGT48単独コンサートの模様【7点】

     *     *     *

 先月30日、新潟県・朱鷺メッセのステージにNGT48の全メンバー28人が立った。同会場は、大規模な展示場、大小13の会議室、ホテルなどが一体化した複合型施設であり、コンサート会場として使用されることでも知られている。

 NGT48が朱鷺メッセに立つのは、約3年半ぶりのことだった。前回は北原里英の卒業コンサートだった。2015年、AKB48のメンバーだった北原は、「新潟の女になります」と宣言して、NGT48に完全移籍。3年の活動をつとめ上げたのちに卒業をするという晴れ舞台だった。

 あれから3年半。この間、NGT48は朱鷺メッセでのコンサート開催を諦めていたフシがある。1期生の西潟茉莉奈はこう語る。

西潟「もう二度と朱鷺メッセには立てないと思っていました。すごいアーティストさんがコンサートを開く会場ですから。だからこそ、今回こうして立たせていただいた意味はすごく大きかったです」

 2期生の小越春花は、コロナ禍のため1席置きではあるものの、満員に埋まった(昼・夜ともに3000人=主催者発表)の客席を見渡して、感慨にふけっていた。

小越「私は(昼の部の)1曲目からセンターで歌わせていただきました。2期生の私はそもそもコンサートの経験が少なくて、これが人生で2回目のコンサートでした。しかも、新潟では初めてのコンサートです。どれだけのお客さんが来てくださるのか、不安でたまりませんでした。でも、1曲目でステージに出ると、そこに広がっていたのは夢のような景色でした。これだけのお客さんが集まっている景色は人生で初めてでしたし、そこに自分がセンターとして立っている。それだけじゃなく、トロッコに乗って、ファンの方に手を振りながら会場を移動している。そう思うと、なんだか涙があふれてきました。ファンの方の前で泣くなんて、初めてのことでした」

 昼の部は「NGT48単独コンサート」として行われた。セットリストのほとんどはNGT48 に縁のある楽曲で埋め尽くされていた。
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事