FOLLOW US

UPDATE|2015/03/27

AKB48川栄李奈が卒業を発表

AKB48が26日、さいたまスーパーアリーナで「AKB48 春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」を開催し、川栄李奈が卒業を発表した。

ファンの声援に、涙を見せた川栄李奈 (c)AKS

 この日の人事異動では、AKB48の北原里英が今年10月に新潟を拠点に発足するNGT48にキャプテンとして移籍、柏木由紀がNMB48との兼任が解除され、代わりにNGT48兼任となることなどが告知された。

 高橋から「きたりえはまだまだ伸びるよ。でっかいグループにしてね」と託された北原は「こんなに大きなプロジェクトに1から参加できることは人生でなかなかないし、挑戦してみたいと思いました。23歳だし、8年目だけど、まだ新しいことができるんだよという姿をお見せできると思って、決断させて頂きました」とし、「任せてください。『やってやるよ!』という気持ちです」と意気込んだ。

NGT48へ移籍となった北原里英に宮澤佐江がエールを送る (c)AKS

 公演のアンコール1曲目には、5月20日発売のAKB48の40thシングル『僕たちは戦わない』も初披露された。同曲はAKB48史上もっとも激しいダンス楽曲となっているが、センターには島崎遥香が選ばれた。

 同期の横山が「昔、全然踊れてなかったぱるるを知っているから、今回センターが決まって一生懸命やっている姿を見て、なんか時間が経つのは…」と感慨深げに話すと、島崎が「ありがとうございます」とあっさりと話をさえぎり、会場の笑いを誘った。

 さらに、島崎が同じくダンスナンバーで12年10月リリースの『UZA』で初めて16人による選抜入りを果たしたことが発覚すると、高橋も「えー! なぜ!?」と驚がくの表情。そんな2人を尻目に当の島崎は 「AKB48のダンス担当なのかもしれないですね」と笑顔を浮かべていた。

 また、今回初選抜入りを果たしたチーム8の坂口渚沙は「初めて選ばれたので“なまら”嬉しいです! ありがとうございます!!」と出身の北海道弁でキュートに挨拶し、歓声と拍手を浴びていた。

先日発売が発表された新曲『僕たちは戦わない』は島崎遥香がセンターに (c)AKS

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事