FOLLOW US

UPDATE|2015/04/15

Shiggy Jr. 森夏彦インタビュー連載2回目「Negicco現場のあたたかさ」

大好評連載、第2回! 最新シングル『光のシュプール』がオリコン週間チャート5位にランクイン、そしてNHK総合『MUSIC JAPAN』にPerfumeと共演を果たすなど、快進撃を続けるNegicco。ライブの動員も着々と増やし、5月5日には地元・新潟県民会館という大舞台に立つ。エンタメNEXTではそんな彼女たちにハマった“新規ファン”であるShiggy Jr.森夏彦がNegiccoの魅力を語るインタビュー連載を実施した。今回はNegiccoの魅力の一部でもある、現場のあたたかさに関して語り尽くしてもらった。


Shiggy Jr.森夏彦インタビュー連載1回目 「アイドル・Negiccoにハマった理由とその魅力」


――Negiccoの現場に通いだした後、2014年の9月に新宿LOFTで初共演ですよね。心境はどうでしたか?

 本当にヤバかった。楽屋では全然目も合わせられませんでした。ファンが裏側を見てはいけない、と思ったんです。ファンのまま仕事を一緒にするというのは良くないというか、そこは踏み入れちゃいけない。

――そういう気遣いができる森さんだからこそ、Negiccoファンにも愛されるんですね。NegiFesの時も森コールが巻き起こって、ファンの方に最前列を譲られていましたよね。

 俺は所謂新参で、ずっと心のどこかでは申し訳ない気持ちがあったんです。それなのに、みんなが最前列に押し出してくれたんです。

――Negiccoのファンの方々って、少し特殊ですよね。「俺たちだけのアイドル」みたいな変な閉鎖感も、「この歴史の重みを知らないくせに」みたいな空気もない。

 純粋に背中を押したくなるというメンバーの人柄もありますが、現場があたたかいですね。ファンの皆さんの空気があったからこそ、自分もどっぷりハマってしまって、今では現場に友達も増えました。Negiccoが12年もやっている中で、俺が知っているのはほんの一握りなんです。まだ1年も経っていないのに、新規ファンに対して排他的なことがない。ここは、Negiccoというグループを語る上で外せないポイントです。

――Shiggy Jr.のお客さんとも似ていますよね。

 そうかもしれないですね。昔からのファンだからって、偉ぶることもなく全体の統制がとれているというか。みんなが、自衛応援隊。純粋に「Negicco、売れてくれ!」って思ってる。俺も、ドンドン友達におすすめしていますね。「これ聴きなよ!」って、イベントで大量に買ったCDをプレゼントしたりとか。

――もう、プロモーターじゃないですか!

 素直にいいと思うものは、広めたいですよ。Negiccoは、自信をもっておすすめできます!

――森さん、なんだか店長みたいですね。

 心の底からそう思っているので……早く新潟で聖地巡礼もしたいです。5月5日の新潟県民会館は行けなくて(※当日、Shiggy Jr.はVIVA LA ROCK 2015に出演予定)。行ける可能性が少しでもあるのは宇都宮と、水戸と……(以下、携帯も手帳も見ずにライブスケジュールをすらすら話し出す森さん)。

――スケジュール把握も流石ですね!

 バンドのスケジュールと、Negiccoのカレンダーを同期しています。代官山UNIT2DAYSとか、自分も出演させていただいたNegiFesとか……『光のシュプール』のリリースイベントは可能な限り行きました。節目節目のイベントは行くようにしてますね。最近はありがたいことに、ShiggyJr.としてもお仕事を頂けるようになって、なかなか行けなくなっちゃって。

――現場はいつも一人で行くんですか?

 はい。現地で大体顔見知りに会えるので。「どうも~!」って挨拶します。コミュニティーが出来ていますね。バンド、友達、家族、Negicco(笑)。軸になっています。


連載最終回はNegicco3人の魅力を語り倒します!


(text achico)

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事