FOLLOW US

UPDATE|2021/11/25

特撮美女・工藤美桜が語るグラビア挑戦「恥ずかしさのあまり、Tシャツに手をかけてから動けなく…」

工藤美桜 撮影/荻原大志

『仮面ライダーゴースト』『魔進戦隊キラメイジャー』、そして『TOKYO MER~走る緊急救命室~』と近年目覚ましい活躍を見せている工藤美桜。現在、女優・モデル・グラビアの“三刀流”で活躍する彼女が、11月25日に初の写真集『KIMINOMIO』を発売する。芸能活動12年目、そして本格的なグラビアデビューから約1年半の集大成的な作品となった今作について、そして彼女の女優人生を育んだ大切な「ニチアサ」という存在についての想いを存分に語ってもらった。(前中後編の前編)

【写真】特撮美女、工藤美桜の撮りおろしカット【15点】

──芸能活動12年目での初の写真集、発売おめでとうございます! こうして自分の名前を冠した作品が発売されることへの、今の率直な感想をお伺いできますか?

工藤 簡単に言ってしまうと、すごい、メチャメチャ、とても嬉しい(笑)。小学4年生の頃にキッズモデルとしてスタートして以来、ずっと「いつか自分の写真集を出したい」と思ってきたんですよ。『魔進戦隊キラメイジャー』のチームのみんなが写真集を相次いで発売していく中で私だけ出せていなくて……。「みんなスゴイなあ!」と嬉しく思う一方、悔しい気持ちもあったんです。なので、こうして長年の夢が今叶うのは本当に何度も言いますが嬉しいという言葉しかなくて。でもそれは自分の力だけでなく、周りの方の支えや応援があってのもので、すごく感謝しています。

──撮影はいかがでしたか?

工藤 いやぁ~、今思い出してもすごく楽しい撮影でした! 今作は昨年4月のグラビアデビューからお世話になっている『週刊ヤングジャンプ』(集英社)のスタッフの方々との撮影だったので、普段の撮影で見せている以上の素の表情……“本当の工藤美桜”を引き出していただけた気がします。みなさんが好きでいてくれている私の部分と、今まで見せたことがない姿がどちらも出せた、これまでのグラビア活動の集大成的な仕上がりになっているんじゃないでしょうか。

──その集大成的な部分は特にどのあたりに出たのでしょうか?

工藤 女性のグラビアや写真集は「恋人目線」で見て欲しいという作品が多いイメージがあるんですけど、私はグラビアでは「幼なじみ感」を出したいと常に思っていて。恋人では近すぎ、友だちでは遠い気がしているので、そのちょうどいい間の距離ってなんだろう?と考えたときに、幼なじみってすごく良いなと思ったんですよ。それに『魔進戦隊キラメイジャー』で大治小夜さんという「エモい」ことが好きな役を1年に渡って演じてきたので、「幼なじみ感」とその「エモい」の2つを入れながら、読んでいて心が温かくなる、でもどことなく切なさも感じる作品を目指しました。でも意識しすぎると硬くなっちゃうし、切なさを出したいとは思いつつ、意識しすぎずゆる~く気持ちが赴くままに撮っていただきましたね。

CREDIT

取材・文/田口俊輔 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事