FOLLOW US

UPDATE|2021/11/27

SKE48が「ユニット曲特別公演 対抗戦」をスタート、イメージを一変させるパフォーマンスも【写真15点】

(C)2021 Zest, Inc.

SKE48が11月26日(金)、新たなイベント「SKE48 ユニット曲特別公演 対抗戦」をスタートさせた。

【写真】普段のイメージを一変、ユニット曲特別公演の模様【15点】

この対抗戦は、新型コロナウイルスの影響により劇場公演で披露できていなかったユニット曲をメインに構成されたイベント。各チームのリーダーは6期生の6名(青木詩織、北野瑠華、日高優月、井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香)が務め、全6グループで対抗戦をする。

チームのメンバーと披露する3曲は事前イベントによりくじ引きで選ばれた。ファン投票により優勝したチームにはテレビ出演やラジオ収録など、豪華な特典が用意されている。26日(金)は初日となる 1 組目【すてきなわたしたち】の公演が行われた。

overtureが流れファンが見守る中、「愛のルール」でリーダーの鎌田菜月と、赤堀君江、井上瑠夏、伊藤実希が戦隊コスチュームで登場。1曲目から客席に現れ、ファンを沸かせた。曲の間奏ではジャージ姿の先生の格好で菅原茉椰、幼稚園児のスモック姿の平野百菜、入内嶋涼、倉島杏実、西井美桜も登場し、ステージ上にはこの日のユニットのメンバー全員が揃った。

MCを挟み、ここから7曲連続でユニット曲を披露。普段かわいらしいイメージの井上は反抗する曲「制服レジスタンス」のセンターをクールにパフォーマンスし、出演メンバーの中で先輩の鎌田、菅原は「てもでもの涙」を大人っぽくしっとりと歌い上げた。

ユニット曲ラストの「MARIA」では、この曲をずっとやってみたかったという赤堀がセンターを務めるなど、全員にスポットライトが当たる構成になっており、出演した9名のメンバーの魅力溢れる公演となった。本編ラストはそれぞれのユニット衣装を着て「仲間の歌」を披露した。

アンコールの 1 曲目は「バイクとサイドカー」で、オリジナルの真っ白な冬らしい衣装を着たメンバーが登場。最後の曲「彼女になれますか?」は、“私たちを選んで”という気持ちを込めて歌われ、会場は大きな拍手に包まれた。

ここで鎌田からアフタートークの実施を発表。アフタートークではセットリストを振り返り、裏話や「天使のしっぽ」で本番失敗した投げキッスをやり直して披露するなど、緊張の解けたメンバーが和気あいあいとトークし、無事ユニット対抗戦の初日が閉幕した。

次回の「SKE48 ユニット曲特別公演 対抗戦」は、井田玲音名がリーダーを務める【3年I組 井田先生~!】の公演を11月29日(月)に開催。各チームの公演日程や、投票方法等詳細は、特設サイトにて発表されている。

▽【すてきなわたしたち】リーダー:鎌田菜月 コメント
この公演が初日ということで、これから5チーム続きます。今回【すてきなわたしたち】でファンの皆様と過ごせて、今私の中でキラキラしたものになっていて、いつか思い出した時に宝物になる時間だなと思いました。そんな時間を作れたことがとても幸せです。この公演の中で「この子こんな素敵なんだ」、「もっとこんな顔が見てみたい」とかそんな素敵な一面を皆さんと一緒に見つけられていたらもっともっと幸せです。

【あわせて読む】SKE48荒井優希、辰巳リカとシングルマッチで大熱戦

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事