FOLLOW US

UPDATE|2015/12/26

武藤彩未が歩み出した〝新しい一歩〟。12.23ラストライブレポート

2015年12月23日 東京・赤坂BLITZにて開催された武藤彩未 X&rsquo:mas Special LIVE「A.Y.M.X.」ライブレポート後編。


ライブレポート前編:〝武藤彩未最後の勇姿〟残された時間を噛み締めたLIVE


 『交信曲第一番変ロ長調』は彼女がファンと一緒にライブで育てていきたいと語っていた、思い入れの強い楽曲。ここぞとばかりに、ファン〝交信〟コールを送る。武藤も手応えを感じながら満足げな表情で『パラレルワールド』、そして生バンドを活かしたロックナンバー『HAPPY CHANCE』へと繋げる。

 「本当に、私は前向きです。もっと歌を届けたい。必ず、変わって帰って来ます。ここからが、スタートなんです」と力強く宣言。「私、アイドル辞めるわけじゃないですから! アイドルだけど歌が上手い、じゃなくて、アーティストとしても通用するアイドルになりたい」「ここまで歌うことが好きになると思っていなかったです。でも、やるからには本物を目指したい。お別れではないです。皆さんのおかげで、渋谷公会堂の舞台まで行くことができました。でも、私の夢は日本武道館です。頂いた時間を、価値のある時間にしていきたいと思っています」と、活動休止期間を設けた理由を丁寧に伝えた。「最後に皆さんに届けたい曲があります」と、本編ラストナンバー『永遠と瞬間』を歌い上げると、深々とお辞儀をして名残惜しそうにステージを去った。

 アンコールは鳴り止まなかった。しばらくして、白いドレスで再びステージに登場した武藤は「伝わったと思うんですが、私は前向きです」と、改めてファンに挨拶。迷いのない、穏やかな表情を浮かべながら『明日の風』を披露。続く『彩りの夏』ではサプライズで、会場いっぱいにサイリウムの光が灯る。これには武藤も堪えきれず泣き出してしまう。涙が溢れて歌えなくなってしまった彼女のかわりに、ファンが合唱で支えるという感動的なシーンもあった。「聞いてないし! 泣かないでここまで来れたと思ったのに!」と笑い、「今日は忘れられない日です。皆さん一緒に、一歩進んでくれてありがとうございます」とコメント。最後にはマイクを通さず、生声で「ありがとうございました! 皆さんのことが、大好きです!」と叫んだ。

 武藤が舞台袖に消えていった後も、歓声は止まらない。ダブルアンコールを受け、武藤がステージに戻ってきた。「今の私にぴったりのこの曲を、みなさんと笑顔で歌いたいと思います」という曲紹介から『OWARI WA HAJIMARI』へ。「明るく終わらせたい」と話した彼女の言葉通り、ラストにふさわしい前向きなロックナンバーだ。

 ダブルアンコールが終わっても、観客はその場に留まり、彼女の名前を呼び続けた。しばらくして、武藤が泣きながらステージに戻ってくる。「(泣いているのは)悲しいんじゃなくて、次のステップに踏み出せたから嬉しいの」と話し、「私の歌を求めてくれる人がいる限り歌い続けるって、前に約束しました。私のことを皆さんが忘れないでいてくれる限り、私は戻ってきたいと思っています。今日は本当にありがとうございました」と最後の挨拶を終えた。

 8歳からモデルとして活動し、10代にしてその芸歴は10年以上。アイドルユニット可憐Girl’:sで歌手としてのキャリアをスタートし、さいたまスーパーアリーナという大舞台も経験した。さくら学院では初代生徒会長を務め上げ、卒業後もソロとしてステージに立ち続けた彼女。自らの意思で音楽活動に一旦終止符を打ったが、夢の武道館はまだ先にある。真面目な彼女のことだから、きっと約束は果たしてくれるだろう。


セットリスト
01. ミラクリエイション
02. Doki Doki
03. Daydreamin&rsquo:
04. SEVENTEEN
05. 宙
06. 未来へのSign
07. 時間というWonderland
08. 女神というサジェスチョン
09. Pearl-White Eve(松田聖子カバー)
10. 桜ロマンス
11. とうめいしょうじょ
12. 風のしっぽ
13. RUN RUN RUN
14. A.Y.M
15. 交信曲第一番変ロ長調
16. パラレルワールド
17. HAPPY CHANCE
18. 永遠と瞬間
<アンコール>
19. 明日の風
20. 彩りの夏
<ダブルアンコール>
21. OWARI WA HAJIMARI

 
achico 寝ても覚めてもアイドルポップ!なOL / フリーライター。東京生まれH!P POP育ち。日々、アイドルに踊らされています。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事