FOLLOW US

UPDATE|2016/01/03

「さくら学院 初代教育委員長・大賀咲希って、“目線は本当に上から!?”」

2015年12月8日にデビュー5周年を迎え、次なるステージに向けてまた新たな歴史を歩み始めたさくら学院。受け継がれし“さくらの掟”を胸に、日々成長中の彼女らの姿を父兄の皆さんにお届けしてきた『月刊エンタメ』『エンタメNEXT』『OVERTURE』から、本稿は新年1発目として、さくら学院を愛する皆様へと贈るお年玉的インタビュー!



 5代目生徒会長・磯野莉音(5代目生徒会長 磯野莉音が語るさくら学院2015 完全版)、3代目トーク委員長・白井沙樹(2015年度 トーク委員長・白井沙樹が語る“さくら学院”)と続いた“2015年度さくら学院・中3ロングインタビュー・シリーズ”のラストを飾るのは、初代教育委員長・大賀咲希! 今回はお年頃の中3女子でもある彼女のパーソナル部分を掘り起こしつつ、日誌ではチョイチョイ書かれているものの父兄諸君も「具体的にどんなコトをするの?」と興味深かった教育委員長としての顔、さらには、さくら学院の卒業を3カ月後に控えた最上級生としての想いを存分に語ってもらった。さらに彼女へのサプライズプレゼントや無茶ブリ企画まであったりと、『OVERTURE vol.005』のさくら学院特集に負けず劣らずの過積載でお届け。では、どうぞご覧あれ!

※取材日は12月23日です

——では、”さくら学院の大賀咲希”はどんな感じ?

大賀 意外と真面目な面も見せているつもりなんですが、それ以上に面白いイメージの方が父兄さんたちには強いみたいですね。

——でも、日誌でも書かれていたように“公開授業やトーク面ではおっちょこちょいで面白い素の自分を見せる”からこそ、“パフォーマンス面では、パワフルでカッコいい”というオーガギャップが生まれるワケですもんね。

大賀 さくらの中でもテンションが上がっていると結構バカなコトも言ったりしていますが、レッスンでは真面目な面を見せるコトが多いですね。

——ステージで見せる表情と一緒なんですね。普段とはまた違った真面目な内容も多かったりしますし、オーガギャップを一番感じられるといえば日誌ですよね。字の上手さ、バラエティに富んだ内容、文体などレベルも高いと感じますし、個人的には自分のボケにツッコミを入れて、さらにツッコミをかぶせているのが好きです(笑)。手描きで書く日誌の大事さもあるし、日々心待ちにしている父兄的には、他メンバーももっと更新率を上げて頂きたいところです。

大賀 (少々オコな表情で)本当ですよ~!

——大賀さんなんて、あと3回で2014年度卒業生の水野(由結)さんの119回を超えるし、同じく菊地(最愛)さんの138回に届く可能性もある位なのに!

大賀 でも、最近計算してみたら最愛を抜けない気がしてきちゃって……1カ月に5~6回書かないと多分無理なんですよ! 一時期、勉強ですごい忙しい時期があって、それでペースダウンしちゃって(残念そうに)……。

——やはり父兄さんとのコミュニケーションツールとして重要な存在ですし、先日まで開催されていたさくら学院5周年ミュージアムでも「日誌コーナーに感動した!」との声が多かったので、ここは教育委員長としてひと言申して頂くというコトで。

大賀 そうですね。“父兄さんに会えなくても繋がれる”日誌は歴代のさくら学院生がずっと一番大切にしてきたモノなので、そこはちゃんと転入生たちにも伝えたいなって。それにどんなにクダラナイ内容でも日誌に書けば伝えられるから「父兄さんに楽しんでもらいたい!」って気持ちさえあれば、ドンドン書けるハズです。それに“直接”繋がっていると感じられるのが嬉しいです♡

——コメントで父兄さんのリアクションも見れますし。日誌100回記念のオーガ語録100なんて最高でしたね! お気に入りは「アーティストさんってクールだよね」(笑)。こうやってそれぞれが自主的に企画を考えたりやってみるコトによって成長出来るというのも、この日誌があるからこそ! さて、ここらで父兄さんたちも気になっている“教育委員長・大賀咲希ってどんなコトをしているの?”をお聞かせ頂きましょうか。

大賀 オォ! 教育委員長としては同じ中3の2人(磯野莉音、白井沙樹)がガンガン言えるタイプじゃないので、そこをフォローして注意だったり、2人があまり言えないようなコトを私が言うようにしています。その分、優しい言葉もかけてあげながら後輩を育てなくてはと気を付けつつ。

——やはり時に優しく、時は厳しくが大賀流教育法というワケですね。そうやって注意したりアドバイスした時に反応がイイと感じるメンバーは誰ですか?

大賀 (岡崎)百々子とか……あとは~(麻生)真彩も返事は……返事はイイですね(苦笑)。(藤平)華乃やそよ(吉田爽葉香)なんかも元気でやる気は見えますね。

——先日の白井さんのインタビューでも「年少メンバーは疲れてくると、どうしても集中力が途切れてきちゃう」と話していましたね。

大賀 そうなんですよね~まぁ、みんな始めはそうなんですよね! そこから段々と気付いてくるし、あと(黒澤)美澪奈ももうちょっと教育しなきゃなって思います(笑)

ーー黒澤プロもですか!? キャリアも長いですし、色々と出来てそうなのに。それは一体どこら辺が?

大賀 レッスンでもちょくちょく集中力が切れちゃう場面も多く、「やるんだったら根っこからシッカリさせたい!」って気持ちが……ハイ!

——ホントに教育委員長っぽいじゃないですか! やはりステージで歌って踊るっていうのは、それまで経験してきたお仕事とはまた違うんでしょうね。とはいえ、来年は倉島&黒澤で引っ張っていかなきゃですし、今から心の準備をしておくのは大事ですからね! 大賀さんも「まずは自分らが先生や先輩たちに聞いて学んだコトを、来年度のさくら学院に繋げていくためにも伝えていきたいです」と以前のインタビューで語っていましたが、まだまだ伝え足りないコトもあると思います。そこで教育委員長として後輩メンバーたちの成長状況をもう少し詳しく教えて下さい! まずは倉島(颯良)さんから。

大賀 中2の後半って一番焦る時期なんですよ。私たちも去年、同じ時期に「中3が抜けたら、どうなっちゃうんだろう?」って焦りがあったからこそ、色々と声を上げたりまとめていかなきゃって変わっていったんです。それで颯良にも、今年の学院祭の頃から「中2になったんだし、来年はさくら学院をまとめていくっていう意識を持ってね」と中3メンバーからも言ったりしていたからか、最近その意識が感じられる場面が増えてきました♪ 中1から転入してきたので、まだ分からないコトや学べていないコトもあるので、コレからもっとさくら学院愛を強めていったらイイんじゃないかなって。

——もう少しさくら学院への愛を形にしていけたら、さらなる成長も出来るというワケですね。確かに倉島さんは夏頃から一気に成長したなぁ~という感がありましたし。

大賀 そうですね、表情なんかも大分変わったし、ダンスの動きも大きくなって”自分のダンス”を見せられるようになってきたと思います!

——さらなる成長に期待大ですね! 続いては先程も触れましたが、黒澤さん。

大賀 まだ転入して一年で中3になるコトの重みというか、さくら学院は楽しい場所だけど中3になると責任感も必要になるってコトをこれから感じていくと思います、周りからは“プロ”って呼ばれるので、その空気に流されずに、さくら学院を引っ張っていくという自覚が芽生えるとイイなぁと思います。

——「いくらキャリアがあっても、さくら学院ではまだルーキーなのよ!」ってコトですね。

大賀 ハイ(笑)。今まで経験を積んできたからこそ、美澪奈の素敵な一面っていうのがまだまだあるし、父兄の皆さんにだって全然見せれていないので、コレからもっと引き出していきたいですね☆

——では、中2以下のメンンバーでは、一番在校期間が長い山出(愛子)さんはどうでしょうか?

大賀 愛子は転入当初からシッカリしていた子で、今まではまず自分の気持ちを言葉でハッキリと表現出来るタイプだったんですが、最近は周りの空気を読んで中3の言葉を後輩に伝えたり出来るようになったと思います。

——小等部時代に比べると、随分と落ち着きが出てきましたしね。

大賀 ね~声のトーンも落ち着いた感じになったし、いきなり大人っぽくなりましたよね。後輩たちからも「愛子ちゃんみたいになりたい!」って言われたりしているし、今後はそこからさらに成長させてあげないとですね。

——そんな山出さんとラブラブでお馴染みの岡田さんは?

大賀 めぐは自分自身のコトをちゃんと理解しながら成長していっていると感じます。今までは謙虚な気持ちが強くあったから「まだ自分は上に立っちゃいけないんだ」と、なかなか前に出ていけていなかったんですが、最近になって転入生に声をかける姿を見るようになって、私たち中3をフォローしようとしてくれているなぁ~と感じます。

——ダンスなどパフォーマンス面は?

大賀 ちょこちょこウッカリしちゃう所はまだありますが(苦笑)、来年で中2になれば責任感が生まれてくるし、そういった点も自然に出来るようになってくると思いますね☆

——黒澤さん同様、今年度の転入生である岡崎さんは?

大賀 百々子はとにかくダンスが好きなのが伝わってくるし、だからこそ人一倍、顔笑っているのが感じられますね。本人は歌が苦手だと転入当初から言っていましたが、最近になってスゴイ歌えるようになってきたし、今後はパフォーマンス面で頼れる存在になるんじゃないですかね。最初は「入ったばかりの自分がさくら学院のダンスに対して、意見を言っていいのか?」って遠慮していたのが、最近ではダンスで気になった点を中3メンバーに意見するようになったし、かなりシッカリしてきたな~って。

——なるほど、さすが見てますねぇ~! 岡崎さんのダンスは基礎がしっかりしているし、ダンスが得意と自認している人にありがちな“先走っている感”がないし、周囲と上手に合わせているように感じます。では、後輩たちのお手本である教育委員長の大賀さんのダンスはどうですか?

大賀 え~オーガダンスですか!? 転入してきた小6の頃から背も小さかったから、誰よりも大きく元気に踊ろうという意識が強かったんですが、最近は曲に合わせて滑らかに踊ろうとか考えるようにしています。

——大賀さんもしっかり成長しているんですね。そして、2013年度卒業生の堀内(まり菜)さん以来となる不思議っ子・日髙(麻鈴)さん!

大賀 麻鈴は人前で積極的に話すのが昔から苦手で、一人でいるコトが多かったらしいんですが、「さくら学院に入ってから、みんなと楽しく話せるようになったし、イイお姉ちゃんがイッパイ出来て変わった♪」と本人も言うように、かなり成長したと思います。だけどそんな中でも自分の持っている悩みを、どう改善していきたいかを相談してくれることも多く、小6だけどただ楽しいダケじゃなくて、さくら学院の色んな面を分かってるんだなぁ~と感じます。

——不思議っ子なのかと思いきや意外とシッカリしているという点も、堀内さんに通ずるものがありますね。

大賀 たしかに自分の世界に入っちゃってるなぁ~っていう時も多いのですが、アノ子は意外と現実も見えています!(笑)

——では、白井さん同様に現役父兄でもある麻生さんは?

大賀 いつも明るくって、先輩に甘えるのが真彩は上手ですね。結構落ち込むことも多いんですけれども、“やる時はやってやる!”って気持ちがあるから“やらなきゃ!”って思った時に実力が発揮されるタイプ。私たち先輩にもすごく頼ってきてくれるから、「この間のライブで◯○◯なコトがあったんだけど、そういう時って、どうしたらイイの?」なんて質問を帰り道とかにもしてくれます♪

——麻生さんは、つい先輩が可愛がってあげたくなっちゃうような得なキャラクターですね。そして小5コンビから、まずは吉田さん。

大賀 初めはそんなに甘えてくるタイプではなかったのが、最近になって突然「咲希ちゃ~ん♡」って甘えてくるようになってビックリしました(笑)。それも今までの自分の想いが爽葉香にも伝わって、心が通じ合えたのかなって思うと嬉しいですよね☆ 1年目らしくガムシャラにやっている感じは伝わってくるし、そうやって顔笑っている姿を見ていると、つい感動しちゃいます♡

——ちなみに吉田さんは普段、メンバーと一緒の時には関西弁では喋ったりするんですか? 声ももっと大きくなったりとか。

大賀 関西弁は喋らないですね~。いつもは普通にしっかり喋ってますよ(笑)。さっき言った「咲希ちゃ~ん♡」って甘えてくる時も、ネコを被った口調で来るんですけど(笑)。でも私的にはソコは可愛ければイイんですよ!

——大賀さんは小さい子が好きですからね。

大賀 なのでネコを被っていたとしても、あんまり直さなくてイイと思うんですよ(笑)。とりあえず今年度、私が卒業するまでの間は!(キッパリ断言)

——そして藤平さん。転入した頃の大賀さんに、動きや雰囲気も似ていて、お兄ちゃん好きなど共通点も多いとのコトですが。

大賀 う~ん、なんか背が小っちゃいな~とか自分と重なるなって部分もありつつ、ダンスのレッスンでも注意されたらすぐ直せるタイプだったりして、すごい器用だなとも感じます。父兄さんたちには妹キャラとして見られてますが、実は意外にしっかりしています。なので、中3になって後輩を引っ張っている姿も想像出来ちゃうの華乃なんですよね。

——ほ~、手足が大きいと言っていたので、身長もグングン伸びるでしょうし、ぜひ初代卒業生の三吉(彩花)さんのような頼れるクールビューティーに成長して頂きたいですね!

大賀 分かんないですけどね。まだ、すごい甘えてきますからね~♡

——まだ小さいし、甘えられると妹みたいで可愛いでしょうね。

大賀 (デレ~っとした表情で即答)可愛いくて、本当に妹みたいです♡ 昨年度までは愛子が一番年下で妹って感じだったんですけど、実際は私と身長もあんまり変わらなかったじゃないですか? それが今年度は絶対に自分より年下って分かる小さい子たちが転入してきたので、さくら学院にくると妹が沢山いるように感じられて、今まで以上に楽しくなりましたね♪ その反面、そんな子たちに厳しく注意したりするのに勇気がいりますけど(苦笑)

——嫌われたらイヤだなぁ~って?

大賀 でも、らうちゃん(2013年度卒業生・飯田來麗)とかも「嫌われるのを恐れちゃダメだよ!」って教えてくれたので、後輩にもちゃんと言うべき時には言うようにしました! それに対して落ち込んじゃう子もいるけれど、一番小さい小5の2人も付いてきてくれるし、意外と嫌われてないんじゃないかって一安心(笑)

大賀咲希

——昔から“怒られているうちが花”なんて言いますし、ちゃんと想いは伝わっていると思いますよ。でも、2015年度は学年の壁もなく、みんなが仲良しという全体の空気感に加えて、今年の中3は優しいとも言われてますし、そうなるとちょっと怒りづらくなりそうですよね。

大賀 ソコはすっごい感じます! そうなんですよね~、ちゃんと先輩後輩っていう関係を弁えて欲しい場面もあるんですが、やっぱり見ているとスゴイ楽しそうにしているし可愛いしって思って、つい許しちゃっているんですが、最近は「これはダメだな~」って思ったら注意するようにしています。

——それって、どのように注意するんですか?

大賀 そういう時は大抵、愛子なんかが「ねぇ、中3に対してそんな態度とっちゃダメでしょ?」って注意してくれたりするので、それに対して「ちょっと、そうだよ~!」なんて感じに言ったりして(笑)。

——あっ、先輩なのに後輩の自称・風紀委員に乗っかるワケですね(笑)

大賀 やっぱソコは、自分から先輩なんだよ! とは言いづらいじゃないですかぁ~。

——そういった物申す際の具体例を挙げるとしたら?

大賀 別に敬語を使ってほしいとか、持ち上げてほしいとかじゃなくて、スタッフさんや職員室の先生方に対しての敬意など、そういった基本の部分が抜けているのに出来ているつもりで成長しちゃうのが、一番本人のためにならないですし、後で自分が苦労するだけだからちゃんと教えてあげなきゃって思っています。

——やっぱり、かなり教育委員長っぽい発言ですね!

大賀 地味にやってるんですけど(笑)、ライブなどでは教育委員長の仕事を見せる機会もないし、確かに父兄さんには何をしているのか伝わっていないのかな~とは思います(苦笑)。ですが、この裏側で言っているコトが絶対に自分らのステージにも表れるので、それならそれでイイのかなって。

——ですね! 教育委員長・大賀咲希が後輩に伝えた想いとその成果は、ステージの上で確認してもらうというコトで。では話が変わりますが、今年度も『School days』や『未完成シルエット』に『スリープワンダー』など新たにレコーディングし直した既存曲をライブでは披露してきました。2015年度さくら学院のメンバーの中でも歌ウマという印象の強い大賀さんにとって、楽曲を歌い継ぐっていうコトに対してどのような想いがありますか?

大賀 歌い継ぐというコトはもちろん、与えられたソロに対しての想いは多分、人一倍強いんじゃないかなって感じています。もらったソロパートは何十回も歌って、そこから色んなのを試した上で「コレだ!」っていうのを見つけていくんですが、職員室の先生たちが抜擢してくれたからには、ソロパートをもらえるコトが当たり前だと思わず、ちゃんと自分のモノにして見せて欲しいなって。誰にでも出来るような歌い方ではなく、自分にしか出来ない歌い方を見つけて欲しいんです!

——そして中3になったコトで歌うパートも増えたと思います。今年度歌うことになって1番嬉しかったパートは?

大賀 『夢に向かって』の”キラメキ放ち 最高の”は、今までずっと歌いたかったパートなので嬉しかったです☆

——個人的には『School days』の指揮者として大賀さんが登場した時に、とても感慨深かったですね。

大賀 そうですね~指揮者もやらせて頂きました。ありがとうございます!

——謙虚ですね~『目指せ!スーパーレディー 2015』でも“今年は上からいくよ”とあるワリには(笑)。では最近の上からエピソードをここで1つお願いします!

大賀 いや~……そうか、改めて考えると全然上からいってませんでしたね! (「ちょっ、コレどうなんですか!?」という困惑の表情で)なんかぁ……もっと上からいけばイイんですかね~!? ついやっぱり考えちゃうんですよ、自分が後輩だった頃に、先輩からアドバイスをもらっても「あんまり上から言われても、分かんないよ~(涙)」みたいに感じたコトがあったから……。

——その頃の自分と同じ年頃の転入生たちの気持ちになると、あんまり上からいくのはなぁ~って?

大賀 そう思っちゃうと言い方とか“上からいきすぎないように!”とか考えすぎちゃってるんですかね?

——でも、まだまださくら学院の最上級生として教えなきゃいけないコトばかりなら、あんまり気張らず遠慮せず「コレはこの子たちの成長のために必要なんだ!」という想いを込めて、言っていけばイイんじゃないですかね。

大賀 ……そうですよね! じゃあ卒業までにはもっと、“上からエピソード”が話せるようにしておきますね☆

——さて、「The Road to Graduation 2015」も発表されて、いよいよさくら学院からの卒業も迫ってきましたが、どのような心境ですか?

大賀 いやぁ~早い~! すっごい夢が膨らんで、本当にやりたいコトも、今まで出来なかったコトも沢山あるしって感じで、勉強も沢山したいです! そうやって高校生になっても色々と学んで素敵な大人になりたいです!

——いつも取材の合間だって、みんなリアル学校の勉強をしていたりするのに、あれで足りないなんていったらどんだけ勉強するんですか!?

大賀 ホントにすっごいですし、予想以上だと思いますよ! 私が通っているリアル学校では、休み時間もみんなずっと勉強していて、放課後は直接塾に通っている子も多くて、夕方5時から夜10時くらいまでずっと勉強していていたりで。

——そんなに勉強して、みんな東大でも目指しているんですか?

大賀 ね~、っていうレベルですよね(苦笑) 周りの子たちの志望校を聞いてみると、普通に偏差値70とかですからヤバイですよね!?

——……偏差値70って!? それは逆にいうと、大賀さんもスゴイ勉強が出来る子ってコトじゃないですか?

大賀 元々は……(笑)

——父兄の皆さんが思っている以上に、大賀さんって高スペックだったんですね。勉強も運動も出来るし、トークも面白くて可愛いときたら、リアル学校でも高値の花ですよ!

大賀 勉強はやれば出来るんですよね。多分、意外と……意外と(笑)。

——数年後には”アミューズ所属・大賀咲希が現役で有名大学に合格!”なんてトピックがYahooニュースに上がったりするんですかね~。

大賀 (強い意志を宿した瞳をまっすぐに向けて)大学は行きたいです!!

——女子大生・大賀咲希の前に、憧れのJKライフも待ってますよ。早くJKになりたいと日誌にあったけど、高校生になるにあたって楽しみなコトとかやってみたいコトがあるんですか?

大賀 う~ん、1つ1つの勉強もちゃんとこなしたいし、遊びに行ったりもしたいし、生徒会活動をしたり学校の中でみんなをまとめられる存在になりたいって夢もあるし、家では料理にだって挑戦したいんですよ! 確かにすっごい出来ないのは事実ですけど、とはいっても「出来ないから!」って言ってまだやってないから……ね♪(苦笑)。料理に関しては、さくら学院メンバーの中でも小等部の子よりも”出来るか出来ないか”ってレベルだと思うんですよ。

——出来るか出来ないかって、大体がその2択でしょうね(笑)。

大賀 チアハハハ(笑)。でも”料理をやりたい!”っていう想いはスゴイあって、例えば朝ごはんをお母さんが寝ている間に作ってあげれるようになったら素敵だなぁ~って思ってたりして。

——これで料理まで出来るとなると、さらにスペックが上がっちゃいますね。

大賀 ウフフ、そうですね~(笑)。とにかく色々とやってみたいですね!

——2013年度卒業生の佐藤(日向)さんのようなオシャレJKライフが実現するとイイですね。卒業後の目標は見えてきました。ならば、続いてはこれから卒業までの間にやってみたいコトを教えてください。

大賀 えっ、イイんですか? 叶わない可能性が高いんですけど……卒業式でテニス部を一夜限りで復活させたいです! 最近になって「テニス部、最高だなぁ~」って思うようになって。あの頃ってまだ自分の実力が追いついてなくて、「もっと出来たなぁ~」とか「今やったらもっと出来るのに!」って思っていたから、あの頃のままの印象で終わるのも悔しいし「もっと出来るぞ!」っていうのを父兄さんたちに見せたいです!

——テニス部のソロか~(職員室の先生にチラリと視線を向けつつ)実現が難しそうなら、LoGiRLでやっちゃいましょうよ!

大賀 そうですね、LoGiRLでやっちゃいますか!?(笑)

——他にもやりたいコトはありますか?

大賀 歌を披露したいです! どんな形でもイイので、自分の歌をしっかりと見せられる場面があったらなと。

——ソロ曲とかね。もしソロで1曲歌うとしたら何を選びますか?

大賀 え~!! なんかもう風男塾さんしか頭に浮かばないんですが(笑)、ソロで歌うって感じではないですもんね。(真剣に悩みながら)う~ん……まぁ、でもバラード系のシットリした曲ですかねぇ。

——大賀さんの好きなアーティストさんといったら、風男塾さんとSU-METALさんですよね?

大賀 そうですね。最近はあとドリカムさんも! 歌詞も素敵だし、歌声で人を感動させて泣かせられるって(ポワ~ンとした表情で)なんなんでしょうか!? 私のお母さんもスゴイ好きだし、一回はライブに行ってみたいと思っています!

——では、いつかドリカムのバラードをみんなの前で披露できればというコトで。ところで将来の夢はまだ発表出来ない段階ですか? 以前インタビューした際に、白井さんは女優になるのが昔からの夢、磯野さんはまたモデルをやりたいと言っていました。大賀さんはどうでしょうか。歌へのコダワリはもちろんあると思いますが、ライブでの寸劇などを見ていると同じく演技にも興味がありそうだなと感じます。

大賀 確かに、ドラマを観ていると役になり切るのって面白そうだなと思うし、歌も何らかの形で続けていきたいなとは思うんですが、最近はしっかりと自分の将来を見つめて、そのために積み重ねていけるモノをやっていきたいなと思うように変わりました。

——歌手や女優、はたまた新たな道なのか、大賀さんの将来の夢を教えてもらえる日が来るのが、今から楽しみです!

大賀 ハイ!

——将来の夢は今後のお楽しみというコトで。では最後に、父兄の皆さんへの新年のご挨拶&メッセージを! どうしましょうか? 普通にやるなんて大賀さんらしくないので、さくらデミー賞のように設定を決めてやってみましょうか? ダメ元で! 今回のシチュエーションは“初詣で偶然、片思い中の先輩(父兄さん)に遭って、新年の挨拶をする”です!

大賀 え~!! ちょっと一瞬考えてもイイですか? 初詣って日の出を見るんでしたっけ?

——神社やお寺さんに、今年一年もよろしくお願いしますとお参りするヤツですね(笑)。ではスタート!


“大賀咲希の1人さくらデミー賞「初詣で偶然、片思い中の先輩(父兄さん)に遭って。新年のご挨拶」”

大賀 (初詣の雑踏の中を歩く大賀は、誰かを見つける)あっ、先輩!

——(父兄さん)おっ、大賀じゃん!? あけましておめでとう!

大賀 (とても驚いて口元を手で覆いながら)えっ、あけましておめでとうございます! (恥じらいの表情で)えっ、ここで出会えるなんて、ホント偶然ですよね? コレってなんか1つの縁なんじゃないですか!? (段々声が小さくなっていき)……これからこの1年間、(若干、上目使いで)もしかしたら……(こちらにまっすぐな視線を向けつつ)先輩と関わるコトが多い印……なんじゃないかな♡(キメ☆)

——……カット!! ってどうなんですかコレ?

一同(爆笑)

大賀 なんかちょっと伝えたいコトが……分かんなくなっちゃいました(笑)

職員室 印? 印って!?(爆笑)

——なんか、すみません&ありがとうございます!(笑)。では気を取り直して、普通に父兄の皆さんへの新年のご挨拶&メッセージ、どうぞ!

大賀 新年あけましておめでとうございます! もう残り約3カ月となり、この4年間がホントに早かったように感じます。ですが、まだまだ後輩たちに伝えきれていないコトや、まだまだやりたいコトも沢山あるので、もっともっと貪欲に残り3カ月のさくら学院生活を楽しんでいき、そんな気持ちが応援してくれている父兄の皆さんにも届けられればイイなと思っています。これからもさくら学院の応援をよろしくお願いします!!

——はい、ありがとうございます! さすが教育委員長ですね、バッチリ締めていただきました。というワケでインタビューは以上なのですが、今回色々とお話を聞かせてもらった中でこのように(大賀に質問内容をまとめたメモを見せつつ)、青文字で書かれている質問がいくつかありますよね? コレはすべて風男塾の青明寺浦正(浦えりか)さんからの質問です!

大賀 え~◯×■!!!!!! マジですか~(軽いパニック状態で)ちょっと待ってちょっと待って!!

浦えりか(うら・えりか)1986年6月2日生まれ/神奈川県出身男装アイドルユニット風男塾メンバーとして活動。趣味はロードバイク・アイドル、プロレス、駅伝など。詳細はオフィシャルブログ(http://ameblo.jp/uraerika-blue/)をチェック!

——というワケで今回は、間接的に大好きな浦さんとの共演と相成りました。そして、明日は12月24日のXmasイブというコトで、浦さんからのプレゼントとして大賀さんへのメッセージも預かってきました!

大賀 (もう何が何だかよく分らないといった様子で)え~!!!! (両目に涙を溜めながら)……泣いちゃう、咲希!

——では浦えりかさんからのメッセージを読みます。「咲希ちゃん、もうすぐさくら学院卒業ですね。初めて会った時はまだ小学生で、トーク中のその天真爛漫さに癒され大好きになりました。毎年どんどん成長していく姿を見ていて、気付けばもう中学3年生でさくら学院の一番年上として天真爛漫さは失わず、それでいて後輩のみんなを引っ張っていく姿がとても素敵だなぁと感じています。これから咲希ちゃんがどんな道へ進んでいってもずっと応援しています! ずっと大好きだよ。素敵なスーパーレディーになって下さいね!」

大賀 (完全に泣きながら)ヤ~バ~イィィ!! ホントありがとうございます!! ちょっとぉ~スゴイ……(感涙)。今回、答えられなかった“上からエピソード”は絶対に日誌に書きます!



 さて、初の役職である教育委員長に抜擢され、常に自問自答しながらも自分が為すべきコト、自分だからこそ出来るコトを模索し続けてきた中等部3年・大賀咲希のロングインタビュー。皆様いかがだっただろう?

 昨年度までは“バクダン娘”と呼ばれ、そのユニークなキャラクターを言及されるコトも多かった彼女、2015年度になり歌声も表情もグッと大人っぽく急成長したその舞台裏には、最高学年かつ教育委員長であるというコトへの責任感と、一人のアイドルとして自分自身を魅せたいという想いが折り重なった感情ミルフィーユがあったと知り、また彼女の新たな一面を知ったという父兄諸氏も多いことだろう。

 暦は遂に2016年と変わり、中3メンバーに残された時間も残り約3ヶ月を切ったワケだが、2015年度さくら学院の進化はまだココから! 新年のスタートを飾る「公開授業」や卒業へのラストステップである「The Road to Graduation 2015」など、残されたイベントを追いつつ、顔笑り続ける彼女らから溢れ出たキラメキの雫を、これからも父兄の皆様にお届けしていく所存である。


(インタビュー・文/TOMMY)

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事