FOLLOW US

UPDATE|2019/02/27

女子高生アーティスト吉田凜音「歌とラップとダンスを追求し続けたい」

スキルフルなラップも披露する現役女子高生アーティストとして同世代からも音楽好きからも注目を浴びてきた吉田凜音。2月13日には初めて作詞・作曲にも挑戦したニューシングル『#film』をリリース。3月には高校卒業記念ツアーの開催も決定している彼女に、歌とダンスとラップの話を聞いた──。



──2月13日発売のニューシングル『#film』では、初めて作詞・作曲をされていますよね。実際に書かれてみて、いかがでしたか?

吉田 どちらも以前から挑戦したかったので、実現できてうれしかったです。なかなか始めるきっかけがなかったんですが、昨年にお会いしたアーティストの方に、『一緒に曲を作ろうよ』と誘っていただいて。好きなアーティストの方だったので、すごく楽しく曲作りをできました。

──では、二人三脚で作ったような形なんですね。

吉田 そうですね。リリック(歌詞)については、まず自分で書いたものをフリーのトラックに合わせてラップして、それにアドバイスをいただきながら作り込んでいきました。今回のラップは、『音に乗る』というよりは、心の中に染み入っていくような雰囲気で、私がやりたかったラップの形でもありましたし、歌詞も書きやすかったです。作曲の方は、私の音のイメージを、アレンジャーさんにもお話しながら作っていった形です。

──初めての作詞では、「こんなことを書きたい」というイメージは以前から持っていたのでしょうか。

吉田 「自分の好きなものについて書きたい」と思っていました。なので、大好きなフィルム(カメラ)のことを、女の子同士の物語にしました。

──フィルムカメラはいつ頃から使われているんですか?

吉田 高校1年生の頃からですね。景色を撮ったり、私が一方的に友達を撮ったりしています(笑)。

──「茶色い瞳 長い髪 そんなの全部あー可愛い感じ」という歌詞からその空気が伝わってきました。フィルムカメラの何が好きなんでしょう。

吉田 現像した写真に写っている景色や友達を見たときに、「これを撮ったときはこんな気持だったな」と感情に浸れるところですね。フィルムは、写ったものの大切さが伝わってくる気がして。「写ルンです」のようなカメラで、24枚とか決められた枚数を、時間をかけて撮っていくのも楽しいです。

──吉田さんは以前から「同世代の人に共感してもらえるような曲を作りたい」と仰っていましたが、まさにそんな曲になっていると思います。

吉田 10代の女の子の間では実際にフィルムが流行っていますし、女の子同士の曲はそこまで多く歌われていないと思うので、それを自分で書いてみたいと思いました。『私が撮る君は~』という歌い出しや、リップの色をリリックにすることで、女の子の雰囲気が伝わるように工夫をしました。また、この曲はラブソングではないですが、違う形の『好き』という感情を込めた曲でもあるので、歌っていてもすごく楽しいですね。

──「悲しい顔とか優しい顔とか全部収めてるから 全部私知ってるよ」といった歌詞からは、高校生の頃の友達と一緒の時間の楽しさとか、それが過ぎていってしまう切なさや儚さも伝わってきました。

吉田 ありがとうございます。2月にリリースしたこの曲は、私が女子高生として発表する最後の曲でもあるので、青春に1つの幕が下りるような内容にもなっていると思います。
CREDIT

取材・文/古澤誠一郎 撮影/斎藤大嗣

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事