FOLLOW US

UPDATE|2019/02/27

祝・結婚 Negiccoが切り拓いたアイドルの新しい未来「続けられた理由と続けてく理由」

Kaede Nao☆ Megu

先日、現役女性アイドルながらバンド空想委員会のベース・岡田典之氏との結婚を発表したNegiccoのNao☆。彼女はファンからも祝福されるアイドルとして新しい未来を開拓した。そう、結成16年目に突入したNegiccoの3人が歩んでいる道はアイドルとして、まだ誰も歩いたことのない道。彼女たちはなぜこうも長きに渡って不動のメンバーで活動を続けられるのか。今回、『月刊ENTAME』2019年1月号に掲載されたインタビューをノーカットで特別公開。今こそもう一度耳を傾けたい、3人が続けられた理由と続けてく理由──。

──2018年7月20日は結成15周年の日で、その翌日に新潟の朱鷺メッセで単独ライブを開催しました。

Nao☆ 当初、Negiccoは1カ月の期間限定ユニットでスタートしたんですけど、それが朱鷺メッセという大きなステージで結成15周年記念ワンマンライブを行えるまでになって、3人とも声が出ないぐらいビックリしました。当日は家族も観に来てくれたんですけど、ステージから親がずっとハンカチで目を押さえて泣いているのを見て、いい親孝行ができたなと思いましたね。このライブが終わった後に、次は20周年に向けての新たな目標も見つけられたワンマンライブになりました。

Megu 地元の大きなステージで15周年を迎えられたのも感慨深かったですし、特別な日に、特別な場所でワンマンライブができたのは自信にも繋がりました。

──全31曲を披露して、Negiccoの歴史の深さを感じさせました。

Kaede 本番は良いライブにしようって気持ちでいっぱいだったんですけど、その日のワンマンライブをブルーレイで改めて振り返って観てみたら、あのときの精一杯はできてたのかなと。3人で力を合わせてやりきれたなと思いますね。

──特に印象に残っている曲は?

Kaede 1回目のアンコールでデビューシングルの『恋するねぎっ娘』から『ねぎねぎROCK~私もお家に連れてって~』と続けて「ねぎ曲」を歌ったんですけど、リハよりも自由で全力で楽しみながらパフォーマンスすることができました。

Megu 15曲目の『グッデイ・ユア・ライフ(下りver.)』で、ずっと私たちの曲をプロデュースしてくださっているconnieさんがスペシャルゲストとして出てくださって4人でステージに立ったんです。もともとconnieさんは、Negiccoのファンから曲を作ってくださるようになって、「まさか朱鷺メッセで一緒にライブができるなんて……」ってリハの時点でグッとくるものがありましたね。本番はconnieさんが緊張していたので微笑ましかったんですけど(笑)。思い出に残る1シーンになりました。

Nao☆ connieさんが作ってくださった『雫の輪』の歌詞に、「同じ時代の同じ場所で出会った私たちのMy Colo」ってフレーズがあるんですけど、自分たちが出会えたことが奇跡だなって思うし、それを噛みしめながら朱鷺メッセで歌ったときに、より深く『雫の輪』の良さを感じることができました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/武田敏将 

RECOMMENDED おすすめの記事


RANKING 人気の記事