FOLLOW US

UPDATE|2019/03/08

好きなのは「家の間取り図」と「ダンボール」 NMB48の”珍獣”新選抜2人に注目

山本望叶 小嶋花梨 南羽諒



──望叶さんは先日研究生から正規メンバーへの昇格が発表されました。

望叶 びっくりしました。一番大きいのはうれしいという気持ちです。ただ、昇格した3人のうち私だけ足りていないことがたくさんあると感じるので、そこを身に付けていかないとなって思いました。

──同期が昇格する姿を見て、南さんはどう感じましたか?

南 3人とも頑張っているのを近くで見ていたので、素直にうれしかったですね。そして、自分はまだそのレベルに達していないという現実に情けなさも感じました。

──昇格できるメンバーとできないメンバーに分かれてしまうことに、アイドルの厳しさを感じてしまうのですが……。

小嶋 う~ん、でも「昇格したから良い」「できなかったからダメ」という単純なものでもないと思うんですよ。昇格することで新たに直面する壁もあると思うし。でも先輩と絡むことで学べることはすごく大きいので、昇格した3人には頑張ってほしいですね。みかにゃんは「自分はダンスができないのに……」と悩んでいたりするかもしれないけど、昇格したことには絶対理由があって、それはダンスができるできないとは関係ない部分だと思うので、自信を持ってほしい!

──小嶋さんは同期の昇格を見送った経験もありますから、南さんの気持ちも分かるのでは?

小嶋 そうですね。私、研究生の期間が長かったからこそ今の自分があると思うんですよ。それに、先輩のいない研究生公演だと遠慮せず前に行きやすかったり、研究生だから取り組めることもたくさんあります。だから羽諒ちゃんも「研究生だからダメ」と考えるんじゃなく、プラスに考えてほしいですね。研究生だって期待されているんだから!

CREDIT

文/左藤豊 撮影/南伸一郎

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事