FOLLOW US

UPDATE|2019/03/15

須田亜香里&菅原茉椰「今のSKE48には乗っておいた方がいい」

菅原茉椰 須田亜香里


──須田さんから見て、今のSKE48の課題だなと思っているところはありますか?

須田 それはもう、見せ方ですね。『SKEBINGO!』の収録で感じたんですけど、他のメンバーが妙に芋っぽいというか……分かっていないなって思ったんです。可愛いし愛嬌もあるのに、見せ方がヘタなんですよ。常に人に見られているという意識が低いからだと思うんですけど。

──手厳しいですね。

須田 私はメンバーに対しても、思ったことはすぐに言いますよ(笑)。SKE48はステージ上のがむしゃらさや握手会での親近感を1つの売りにしてやってきましたけど、メイクや髪型、話し方、姿勢……1つひとつ意識するだけで絶対に変わりますし、頑張ってほしいです!

──そういうことに気が付く先輩がいるのは強みですね。菅原さんは今のSKE48をどう見ていますか?

菅原 東海地方や関東地方ではSKE48って知名度があるなって思うんですけど、地元の宮城県に帰ったときにSKE48の話をしても、売れっ子の須田さんの話でさえ出てこなくて。そう思うと、まだまだ全国的な知名度は低いなって実感しますね。もっと上を目指していきたいなって思います。


──菅原さんから見て、須田さんはどんな存在ですか?

菅原 須田さんの頑張りをずっと見てきたから、前は「もっとテレビに出てほしい」って思っていたんです。そうしたら、いつの間にか出すぎなくらい出るようになっていて(笑)。

須田 アハハハ。

菅原 最近はなかなか劇場公演に一緒に出ることも少なくなってきて、遠い存在に感じるときもあります。でも、たまに一緒に出ると変わらないなって思っちゃうんですよね。須田さんがバラエティで活躍してくださるおかげで、SKE48の名前が広がっているとも思うし、本当によかったなって思います。

──テレビのお仕事が日々忙しい中で劇場公演にも出演しているなんて、すごいですね。

須田 でも、月に1回以上は出演しているのにファンの方には「ぜんぜん出てくれないね」って言われちゃうんですよ。

菅原 前まではいっぱい出ていたからなおさらじゃないですか? でもだからこそ、須田さんが出る公演には須田さんのファンだらけですよ。毎回、「須田さんの生誕祭かな?」って思うくらい(笑)。
CREDIT

取材・文/林将勝 撮影/永谷正樹

RECOMMENDED おすすめの記事