FOLLOW US

UPDATE|2019/03/28

お笑い芸人2人が語る「僕たちがAKB48チーム8にハマったワケ」

和賀勇介とドランクドラゴン鈴木拓

今年3月で結成5周年を迎えるAKB48チーム8。“お兄さん”的存在として彼女たちを支えるのが『AKB48チーム8のあんた、ロケロケ!』(テレ朝チャンネル1)と『AKB48チーム8のKANTO白書バッチこーい!』(千葉テレビ放送)でそれぞれMCを務める和賀勇介と、ドランクドラゴン鈴木拓だ。今回はチーム8 5周年を記念して2人の対談を掲載。チーム8の魅力や番組での裏話、推しメンへの思いを徹底的に語る!



──お2人は今年1月、TDCでのチーム8コンサートを並んで観賞されたそうですが、鈴木さんと和賀さんは昔から親しかったのですか?

和賀 いえ。太田プロの(お笑い)ライブに拓さんがいらっしゃったことはありましたけど。

鈴木 一緒に何かをやったことはまったくないんじゃないかな? 和賀くんからすれば僕なんてずっと雲の上の存在だから。

和賀 自分で言います(笑)? だから僕と拓さんは“チーム8がつなげた絆”なんですよ。“チーム8がくれた相方”と言ってもいい。

鈴木 いや、アンタの場合は相方がいなくなったけど、こっちはちゃんと相方がいるんだよ(笑)!

和賀 あ、居るんだ。残念だな~。

──(笑)。和賀さんはチーム8結成当初からステージを観てこられていますが、先日のTDCの感想は?

和賀 もう「チーム8、完成したな」と。集大成みたいなものを観せてもらった気がします。1年目なんてダンスもバラバラで「大丈夫なのか!?」と思っていたんですけど、今はもうアイドルのライブとしてちゃんと成立しているんですよね。

──5年で一番変わったところは?

和賀 自信でしょうね。しかも、数人とかじゃなくてみんなが自信を持ってパフォーマンスをしているから、統一感もある。本当にきらびやかなステージでしたね。チーム8は見るたびに成長しているから毎回泣いちゃうんです。

──鈴木さんは今回初めてチーム8のステージを観られたそうですが、いかがでしたか?

鈴木 僕はね、コンサートなんて観に行きたくなかったんですよ。

──と言いますと?

鈴木 コンサートを観たら、メンバーとの接し方が変わってしまうような気がして。僕って『KANTO白書 バッチこーい!』(千葉テレビ)でも悪口を言ったり、人をさげすんで陥れるようなことしかしないじゃないですか(笑)。だけど今回マネージャーが「行きます」って言ってしまったせいでノコノコ観に行ったんですけど、本当にステージでの輝きってすごいんですよね。普段あんなにポンコツだった子たちが一生懸命踊っていて、ウルウル来ちゃって。

──見方が変わってしまったと。

鈴木 はい。例えば高橋(彩音)というポンコツがいるんですけど(笑)、ステージでソロで歌っているのを観たら「うわ~! スターだ!」と思って圧倒された。メンバーのことを尊敬してしまったんですよ。そうすると、今までメンバーに対して「クソだな」とか悪口ばかり言っていたのがもう言えなくなっちゃって。芸人として僕、死んでしまいましたね(笑)。
CREDIT

取材・文/左藤豊 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事