FOLLOW US

UPDATE|2019/04/01

「私は頼もしく勇ましい新垣里沙を忘れない」平成最後のモーニング娘。OG共演

「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」に出演した左から道重さゆみ、新垣里沙、鞘師里保

3月30日(土)31日(日)に幕張メッセで開催された「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」。初日昼公演はハロプロ20周年企画回として、モーニング娘。OGの辻希美、加護亜依、新垣里沙、道重さゆみ、鞘師里保が出演し大きな話題を呼んだ。それぞれにそれぞれのストーリーがある中、『月刊エンタメ』で連載コラム「モーニング娘。年代記」を執筆している乗田綾子氏は新垣里沙に注目。ひなフェスの感想を特別コラムとしてお届けする。



2019年3月30日、幕張メッセにて行われた「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」。その昼公演は平成のアイドル史に名を残した辻加護(辻希美・加護亜依)の2人が13年ぶりに共演を果たすステージであり、2010年代のモーニング娘。再ブレイクに大きく貢献した伝説的エース・鞘師里保の復活のステージであり、同時代の伝説的リーダー・道重さゆみも登場するステージであり、間違いなくハロプロ20周年企画のラストに相応しいライブであったのだが……。

そんな中、幸運にもそんな奇跡的現場に立ち会うことのできた客席の私といえば、実はこんな黄緑のリストバンドをこっそり懐に忍ばせていた。

「RISA NIIGAKI GRADUATION 2012.05.18 NIPPON BUDOKAN」

そう、あのひなフェス、実はモーニング娘。歴代在籍2位記録を保持する7代目リーダー・新垣里沙も出演していたのだ。

しかし、それが記憶になかったとしても全然無理はない。なぜならあの日の新垣里沙の立ち位置は、どう考えても空気がベストポジションだったからだ。そしてまた、新垣里沙もその役割を愚直にやり抜いていた。
リストバンド
AUTHOR

乗田 綾子

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事