FOLLOW US

UPDATE|2019/04/13

少年院出身アイドル・戦慄かなのの世界一可愛い妹に聞く「壮絶な過去」アナザーストーリー

頓知気さきな 撮影/佐賀章広



──母親からの虐待など、戦慄さんが告白したヘビーな生い立ちが話題になりました。年子である頓知気さんも同じ環境で育ったわけですよね。なぜ妹はグレずに違う方向へと進んだのでしょうか?

頓知気 もともと人間のタイプが真逆なんですよ。姉はネガティブ、妹はポジティブ。私は楽観的で何も深いことを考えないような子だったし、姉は感傷的で繊細なところがあるんです。だからこそ、姉と同じ状況下にあっても私には悲壮感がまるでなかったんですね。物事の受け取り方が全然違うんだと思う。姉は「なんでうちにはお母さんがいないんだろう……」ってふさぎ込んじゃうけど、私は「そっか。今日はいないのか。いつ戻ってくるのかな~」ってニコニコ笑っている感じ。私、そのへんはものすごく鈍感なんですよ。

──とはいえ、過酷な環境だったことには変わりないのでは?

頓知気 両親はお姉ちゃんが小学校に入ったときに離婚しましたし、その前もケンカばかりしていたから、お世辞にも幸せな家庭だったとは言えないかもけど……でも、どうなんだろうな。当時は、それが当たり前だと思っていましたから。小さい頃って、他の家と比較なんてあまりしないじゃないですか。

──頓知気さんの場合、その前向きな受け止め方がプラスに作用したんでしょうね。

頓知気 そうだと思うんですよ。親の離婚をきっかけにお母さん、お姉ちゃん、私の3人で大阪から上京したんですけど、東京での生活にもすぐ馴染みましたし。

──美人姉妹ということで、学校でも「姉派? 妹派?」みたいに騒がれたことは?

頓知気 一応そんなふうに言われたこともありますけど、実際はお姉ちゃんのほうが全然モテましたよ。お姉ちゃん、私が男の人に言い寄られるとむちゃくちゃ嫉妬するんです(笑)。だけど私、知っているんですよね。「俺は妹派!」とか言って私のところに来る人も、本音はお姉ちゃん目的だったことを。私はダシに使われただけというか(苦笑)。

──ガーリーな世界観を持っていますけど、もともと「可愛い女の子が好きな女の子」という感じだったんですか?

頓知気 そうですね。最初はアニメからだったんです。最初は幼稚園の頃のプリキュアとかだったと思うんですけど、その頃はまだ健全な見方で……。

──まだ健全な? ということは、のちに健全ではなくなる?

頓知気 百合ってジャンルはわかります? 女性の同性愛のことで、女の子×女の子の世界なんですけど。私はその百合にハマっちゃって、片っ端から読み漁っていたんですね。その頃、お姉ちゃんはAKB48にハマっていたけど、当時の私からしたら「それ、しょせんは3次元でしょ? アニメのほうがいいのにな」って(笑)。まぁそこからは徐々に洗脳されていくわけですけど。

CREDIT

文/小野田衛 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事