FOLLOW US

UPDATE|2019/04/16

悲願のSTU48号出航に岡田奈々「本当の意味でスタートラインに立てた」

(C)STU48

グループ結成から2年、 STU48の悲願であった船上劇場「STU48号」が4月16日についにオープンした。船の就航を記念して岸壁では就役式(セレモニー)も行われ、その後、STU48号内のSTU48劇場にて「Go! GO! little SEABIRDS!!」初日公演が開催された。



晴天に恵まれた広島港・広島国際フェリポートに、沖から白い波を立てながらSTU48号が入港する。屋上デッキには”STU48”と書かれたフラッグを掲げた岡田奈々を中心に、STU48メンバーが大きく手を降って、船上劇場が初日を迎えた喜びをアピールする。

その後開催された就役式にはメンバー27名が出席。今村美月、岡田奈々、瀧野由美子、福田朱里、藤原あずさ、矢野帆夏の6名は代表としてステージに登壇。

キャプテンの岡田奈々はグループ結成からの2年間を振り返りながらスピーチ。「私にとってSTU48は初心を思い出させてくれる大切な居場所であり、ここ瀬戸内は私にとって第2の故郷です。今日、この日からSTU48は念願であった船上劇場STU48号の出航という大きな門出を迎え、本当の意味でのスタートラインに立ちます。これからも瀬戸内の皆様の誇りであれるよう、日本全国、そして世界に愛されるグループとなるため、メンバー一同精進していきます」と感謝の気持ちを込めて、待ち望んでいた今日の喜びを語った。

その後、行われた囲み取材で岡田は、「今日という日をどんな想いで迎えましたか?」との質問に「2年半、この船を待ち続けてきましたが、たくさんの延期を重ねて、いろんな困難はあったりもしたのですけど、メンバーとファンの皆さんの中でたくさんの絆が生まれて、自分自身も成長できましたし、(船の完成を)待っている間は本当に楽しかったです。今日はSTU48の新しい歴史の幕開けだと思うので、ここから新しいスタートを切って、全力でみんなで足並みを揃えて頑張って行きたいです」と答え、改めて”第2章”への意気込みを語っていた。

なお、同日行われた「Go! GO! little SEABIRDS!!」初日公演については改めてレポートする。

<就役式>
会場:広島県・広島国際フェリーポート 岸壁
出演:石田千穂・石田みなみ・磯貝花音・市岡愛弓・今村美月・岩田陽菜・大谷満理奈・岡田奈々・甲斐心愛・門田桃奈・門脇実優菜・榊 美優・菅原早記・瀧野由美子・田中皓子・谷口茉妃菜・土路生優里・兵頭 葵・福田朱里・藤原あずさ・三島遥香・森 香穂・矢野帆夏・薮下 楓・沖 侑果・信濃宙花・中村 舞・由良朱合
※新谷野々花・峯吉愛梨沙・森下舞羽が年齢の関係で欠席。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事