FOLLOW US

UPDATE|2019/04/17

日本酒、日本刀にクイーン、2人組ユニットBitter & Sweetの“意外な”趣味の話

左から田崎あさひ、長谷川萌美

田崎あさひと長谷川萌美の2人組ユニットBitter & Sweet(ビタースウィート)。3月に2年ぶりのシングルをリリースした2人にインタビューをした際に飛び出したのが2人の“意外な”趣味の話。その爽やかな外見からは想像できない趣味の話を、同じ事務所に所属するハロプロメンバーとエピソードともにボーナストラックとしてお届けする。
※田崎あさひの「崎」は右が「立」が正式表記


◆長谷川萌美が語る[クイーンことはじめ]

──まずは長谷川さん、クイーンのフレディ・マーキュリーが相当お好きだとか?

長谷川 はい。

──今は映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットで、空前のクイーン・ブームが訪れています。昔から大好きだった長谷川さんからしてみたら、昨今の浮足立ったフィーバーぶりには苦虫を噛み潰す思い?

長谷川 それ、よく言われるんです。だけど私からしてみたら、そういう発想をすること自体、心が荒んでいるじゃないかと思うんですよね(笑)。だって、素晴らしいじゃないですか。今でも「ブライアン・メイのところから発掘映像が出てきた!」とかニュースで出るんですよ。この盛り上がりには感謝しかないです。そもそも私はフレディ・マーキュリーが亡くなってから生まれたので、リアルタイムでクイーンを体験できなかったんです。それまで1人で動画を漁り、カラオケで歌い……って細々とやっていたのに、映画館の大きなスクリーンと大音量で他の人と一緒に応援することができるんですから。まるでフレディが生きていた時代を追体験しているような感覚なんです。映画も3回観ましたけど、最高としか言いようがないですよ。制作秘話とかも非常に興味深いですし。

──この期に及んでもクイーン食わず嫌いな人に対しては、どこから聴くことをお薦めしますか?

長谷川 日本人の涙腺に触れやすいのは、やっぱりバラードじゃないかと思うんです。クイーンには名バラードが山ほどあるんですけど、意外と知られていない曲が多いんですよね。『ラヴ・オブ・マイ・ライフ』とかは本当に美しいメロディで、誰が聴いても綺麗だって感じるはずですから。まずは、そこから入ってみてはいかがでしょうか。

◆田崎あさひが語る[ハロメンの素顔]

──田崎さんは、ハロプロメンバーとの交流が活発ですよね。特にJuice=Juice・宮崎由加さん、モーニング娘。’19・小田さくらさん、モーニング娘。’19・牧野真莉愛などと仲がいいようですが。

田崎 宮崎由加ちゃんは私と一緒のオーディションを受けた仲だから、結構つきあいは長いんです。上京したときも「頑張ろうね!」って励まし合っていましたし、ボイトレも一緒に受けていましたし、2人でライブへ行ったこともありますし。気づいたら由加ちゃんはアイドルになっていて、進む道はバラバラになりましたけどね……。だから今回、由加ちゃんが卒業することは本当に感慨深いです。ネットで知って衝撃を受け、速攻でLINEしましたから。せめて卒業するまで1回でも多くのライブに行きたいです。

──小田さんは?

田崎 さくらちゃんと最初に出会ったのは病院なんですよ。私、由加ちゃん、さくらちゃんの3人は同じ日に健康診断を受けて、そこから仲よくなったんです。ひなフェスとかで私を見つけると、ギューッと抱きしめてくれますね。真莉愛ちゃんとの出会いは……ちょっとこれはシークレットですね。2人で内緒にしておこうという話になっていますので。

──なんですか、それは! 取材になりませんよ! 後ろめたいことでもあるんですか?

田崎 いや、そんなことはないです! 真莉愛ちゃんとは年齢も離れているのに、私のほうから話しかけにいっちゃったんですよね。すごく可愛くて輝いていたから、話したいなと思って……。「ズキュン!」ときちゃったんです(照)。

CREDIT

取材・文/小野田衛

RECOMMENDED おすすめの記事