FOLLOW US

UPDATE|2019/05/05

「いつだって最高の熱量を放つために」モーニング娘。石田亜佑美インタビュー

撮影/市村円香

20周年という大きな区切りを超えて、今新たに歩みだした21歳のモーニング娘。’19。加入当初はまだ幼い少女だった10期、11期のメンバーも今やグループの支柱になっている。加入してから味わった挫折、今まで見送ってきた背中、グループへの想い……。10期メンバー、石田亜佑美に今改めて、その軌跡を振り返ってもらった。


──石田さんがモーニング娘。に加入したのは2011年9月のこと。今振り返ると、当時の自分はどんなメンバーでしたか?

石田 最初の1年は、あっという間に過ぎた印象があるんです。というのも、何をするのも初めてなわけじゃないですか。初めてのMV撮影、初めての全国ツアー、初めてのバラエティ番組……。現場に行くたびに「こういう雰囲気なんだ」っていう新鮮な驚きがあって。しかも、その間に新垣(里沙)さんと光井(愛佳)さんが卒業していますからね。他にもモベキマスや『数学●女子学園』(※●はハート)がありましたし。

──右も左もわからない中、ついて いくのに必死だったでしょうね。

石田 10期加入後の初シングルが『ピョコピョコウルトラ』なんですよ。そのあと、『恋愛ハンター』『One・Two・Three/摩天楼ショー』『Help me!!』って1年の間にシングルを連続してリリースして。だからモーニング娘。自体も激動の時期だったんです。だって『ピョコピョコウルトラ』と『Help me!!』じゃ、曲調からしてまるっきり別のグループじゃないですか。それまでやっていなかった個別握手会を始めたのが『One・Two・Three』だったし、オリコン1位が獲れて大喜びしたのが『Help me!!』だったし。

──9期・10期が入ったインパクトは大きくて、グループの雰囲気がガラリと変わったと思うんです。

石田 9期・10期とその上の世代では、見た目から何から全然違いましたから。当時の私たちからしたら、新垣さん、光井さん、田中(れいな)さん、道重(さゆみ)さんっていうのはとんでもなくお姉さんに見えたんですよ。だけど今の私は22歳。あの頃の光井さんの年齢をとっくに超えてしまったんですよね。そのことが信じられない。自分はそんな大人になれているのか……。そのへん、あまり実感がないんです。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/市村円香

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事