FOLLOW US

UPDATE|2019/05/07

アンジュルム和田彩花「歴史あるからこそ変わっていく集団であってほしい」

左から笠原桃奈、和田彩花、竹内朱莉 撮影/市村円香



──ソロになったアイドル・和田彩花は何を目指すんですか?

和田 「女性のあり方」と「アイドルという文化」の接点を探っていきたいというのが1つ。言い換えると、「アイドルの解釈」を広げていかないといけないと思っています。それは歌やダンスといったパフォーマンスを通じてなんですけど。

──すごい話ですよね。自分もアイドルなのに、既存のアイドル観をブチ壊していくつもりなんですから。

和田 ブチ壊すだなんて、そんな……(笑)。まぁでも変えていきたいなとは考えています。

──しかし、和田さんはアンジュルムにとって絶対的存在でしたからね。巨人軍でいうところの長嶋茂雄、新日本プロレスでいうところのアントニオ猪木に匹敵するような。

和田 そう言っていただけるのは光栄ですけど、だからこそアンジュルムが生まれ変わるチャンスだと私は思うんです。自分がいなくなったアンジュルムのステージを観ることが今から楽しみですし。そのとき、一種の「答え合わせ」ができると思うんですよね。「私がアンジュルムに残したものはこれ。逆に私に足りなかったものはこれ」って。

──絶対的エースの卒業で人気面が低下するという心配は?

和田 人気!? そういうデリケートな言葉を軽々しく口にしないでくださいよ〜(笑)。残ったメンバーの負担になるじゃないですか!

──失礼いたしました(笑)。

竹内 でも真面目な話をすると、そこはすでに一度乗り越えてきたグループなんですよ。というのは、前田(憂佳)さんが卒業したときにガクッと人気が落ちたんですね。明確に集客が落ちて、そのせいでツアーもできなくなって……。そこから立て直すのに時間はかかりましたけど、潰れなかったからこそ、今こうやって活動できているわけですし。だから強がりでもなんでもなく、本当に心配はしていないんです。

──ゆうかりんショックを経験したら、怖いものなどないと。

竹内 前田さんを知らない若いメンバーは私と違って心配しているかもだけど、人気が下がったら下がったでそこから這い上がればいいだけであって。そこで強くなれるっていう部分もあると思うんです。

笠原 和田さんがいなくなることで不安がまったくないと言ったら嘘になるけど……。でも、気にしたってしょうがないとも思うんです。これからどうなるのか先のことは何もわからないけど、いろんなことが変わっていくのはたしかじゃないですか。だったら今すぐにでも出発したいんです。ウジウジ気にしているような時間がもったいないんですよ。希望を持って力強く前に進む。それだけですよ、今の私にできるのは。

和田 カッコいいなぁ。めっちゃ考えてくれているんだね。

CREDIT

取材/小野田衛 撮影/市村円香

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事