FOLLOW US

UPDATE|2019/04/28

SUPER☆GiRLS 25歳・異色の新人金澤有希「それでも私がアイドルを続ける理由」(前編)

SUPER☆GiRLS 金澤有希 撮影/河野陽太

avexに所属するアイドルグループSUPER☆GiRLS。そこに昨年加入した異色の新人がいる。金澤有希、25歳。新人ながらグループの中で最年長という年齢もさることながら異色なのはその経歴。アイドルのキャリアをスタートしたのは小学5年生。地元苫小牧を拠点にするグループを皮切りに、AKB48研究生、GEMリーダーを経て今回のSUPER☆GiRLS加入となる。まさに漂流アイドル。なぜ彼女はこうまでしてアイドルにこだわるのか? その疑問に答えた彼女のロングインタビューを3回にわたってお送りする。そこから見えてくるのは、幼い頃から自分の人生と真摯に向かい続けた一人の女性の力強い生き方だった。




──今回のロングインタビューは、「なぜ私はアイドルを続けるのか?」というテーマでお伺いしたいと考えています。そのために、まずは金澤さんの挫折と栄光に彩られたアイドル遍歴をじっくりお聞かせください。そもそもどうしてアイドルを目指すようになったのですか?

金澤 私の場合、とにもかくにも大きかったのが辻希美さんの存在。幼稚園の頃はモーニング娘。さんとミニモニ。さんがそれこそ大フィーバーしていまして、年長組のとき、お遊戯会でミニモニ。さんを踊ったんです。衣装はお母さんに作ってもらいました。曲は『ミニモニ。ジャンケンぴょん!』だったと思います。そこから一気にのめり込んでいきました。

──年長というと、それが5歳くらいのときですか。

金澤 そうです。ただ正確に言うと、お父さんとお母さんは『ASAYAN』が大好きで、モーニング娘。誕生の瞬間から観ていたんですね。『モーニングコーヒー』前の『愛の種』時代から。私もなんとなく一緒に番組を観ていたので、アイドルの下地はあったと思います。そして幼稚園の年長のときにミニモニ。さんを踊ったことで、すべての価値観が一変しました。妹と一緒に常に熱狂している状態で、新曲が出るたびにビデオ録画した映像を何度も繰り返し観て、妹とずっと踊っていました。北海道でコンサートがあると、「絶対に行く!」って姉妹で親におねだりしていましたね。

──ご両親も妹さんもアイドルには理解があったわけですか。

金澤 はい。私はモーニング娘。さんもミニモニ。さんもメンバー全員が大好きだったけど、中でも辻さんの存在というのは本当に特別で……。当時の私の考えは「アイドルになりたい!」じゃないんですよ。「アイドルになる!」って決めていたんです。もっと言っちゃえば「辻ちゃんになる!」って、それだけしか考えていなかった。もちろん髪型もファッションも真似していましたし。

──辻さんの何がそこまで特別だったんですか?

金澤 ギャップですね。そのときは私も完全な子供だったけど、そんな私からしても辻さんは子供っぽいなとテレビ番組を観て感じていたんです。

──ゲームに負け、焼きそばを食べられずに泣いている番組とかありましたね。なんでしたっけ、日曜日の昼間にやっていた……。

金澤 『ハロモニ(ハロー!モーニング。)』ですよね。まさに、ああいうことなんです。テレビだと誰よりも子供っぽい。それなのに、コンサート会場では汗をかきながら必死でステージを走り回っている。そのギャップが衝撃的だったんです。

──世代的にはベリキューと同じくらいですよね。キッズのオーディション(※1)は受けなかった?

金澤 もちろん考えました。ただ、私は北海道の苫小牧出身なんです。当時のハロプロさんって、北海道と沖縄に住んでいる子は中学に入るまで受けられなかったんです。

──そのあとのエッグ(※2)は?

金澤 エッグももちろん考えました。というか、実際に受けました。だけど、これは私が勘違いしていたんです。実際はキッズと同じで中学生以下の北海道出身者は応募資格がなかったんですけど、なぜかOKになったと思い込んでいて。面接のとき、「住んでいるのは北海道だよね? 申し訳ないけど北海道はダメなんだ」って言われました。

AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事