FOLLOW US

UPDATE|2019/04/29

苦節15年・異色の新人アイドル金澤有希「それでも私がアイドルを続ける理由」(中編)

SUPER☆GiRLS 金澤有希 撮影/河野陽太



──握手会も、そうそうたるメンバーと一緒に回っていましたよね。

金澤 有難いことに当時の神7の方だったり、選抜メンバーの方と一緒に全国を回らせていただいていました。柏木由紀さんと2人でレーンを組んで全国握手会をしたこともあるんですけど、そのときはたくさん刺激を受けましたね。隣で見ていても、柏木さんの対応力っていうのはちょっと尋常じゃないんですよ。柏木さんがファンの方をものすご~く大切に思っていることが、隣の私にもヒシヒシ伝わってくるんです。そういう柏木さんの様子を見ていたら、「もっと私も握手会を楽しめるはず」って考えるようになりますよね。そこからはファンの方一人ひとりのことを「覚えよう」「知りたい」って自然に思うようになったし、自分からもどんどん積極的に話しかけるようになりました。

──金澤さんも神対応ということで評判だったらしいですからね。しかし当時はAKB48自体も飛ぶ鳥を落とす勢いでしたし、充実感もあったんじゃないですか?

金澤 それはもちろんです。まず驚くのが「自分にこんなファンの方がいるの?」っていうことですよね。握手会ひとつとっても、何十分も自分のために並んでくれていることが信じられなくて……。研究生とはいえ、AKB48の握手会は全部が個別だったので、列も時間も目に見えてわかるんです。そうすると、だんだん自分のファンの方の数が増えていくことも実感できるんですよ。ステップアップの過程がダイレクトに伝わるというか。そういう部分に私はやりがいを感じていました。

──AKB48時代は順風満帆と言っていいと思うんですけど、在籍したのは1年くらいですよね。なんで辞めたんですか?

金澤 学業です。忙しくなってあまり高校に通えなかったので。留年しそうになってしまって、一度学業に専念することにしました。

──通信じゃなくて普通高校だったんですか?

金澤 芸能系の学校の全日制のコースでした。

──10期オーディションの妹さんの件(※前編参照)もあるし、アイドルは誰でもなれるものではないですよね。そこで学業を諦めるなり、通信に切り替えるという考えにはならなかった?

金澤 もちろんAKB48の中で恵まれたポジションにいたことは、自分でも重々わかっていたんです。でも……そこはタッチ時代(※前編参照)にさかのぼるんですよね。「自分でやろうと思えば、なんでもやれる」「人生は自分次第でどうにでもなる」という考え方が私の中に染みついているんです。それは「楽観的」とか「浮かれている」っていうのとも違っていて。「自分で努力すれば、おのずと結果はついてくる」という考え方。だから一度AKB48を辞めたとしても、本気でアイドルになろうと思えば戻ることができると思っていたんです。ある意味、それは自分に対する強がりだったのかもしれないですけど。

──AKB48を辞めたけど、高校を卒業してから復帰するという選択肢は?

金澤 う~ん……辞めた時点では、ほとんどなかったです。「いずれ芸能の道に戻れたらいいな」くらいのぼんやりした気持ちは少しあったけど、それよりもとにかく目の前の勉強が大事だったので。なにしろ遅れを取り戻さなくちゃならないので、土・日もみっちり学校に通わなきゃいけないし、宿題や課題はハンパじゃなかったですし。おかげで勉強が大嫌いになりました(笑)。

AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事