FOLLOW US

UPDATE|2019/04/29

苦節15年・異色の新人アイドル金澤有希「それでも私がアイドルを続ける理由」(中編)

SUPER☆GiRLS 金澤有希 撮影/河野陽太



──そこ、すごく重要な分岐点だと思うんですよ。その時点ではAKB48に戻るという選択肢もあったわけじゃないですか。アイドル復帰にあたって、AKB48ではなくアイストを選んだ決定的な理由というのは何になるんですか? 本当に『1,000,000☆スマイル』だけ?

金澤 ……正直、死ぬほど悩みました。AKB48を辞めて芸能界を諦めるかどうかというときより、はるかに悩みました。もう高校3年生だから、進路のこととかもリアルに考えるようになっていたんですよね。いろんな考えが浮かんできては消え、頭の中がグチャグチャになっちゃって……。もう自分1人ではとても決められないから、何回も何回も家族会議をしました。そのときも「なんでまだ17歳なのに、こんなに悩まなくちゃいけないの!」って泣きながら親に当たっていましたね。親も「そんなの自分で決めろよ」って内心では思っていたかもしれないですけど(笑)。

──「いろんな考え」というのは?

金澤 すでに出来上がっているAKB48。ゼロからスタートするiDOL Streetの新プロジェクト。まず、ここでどっちにするのかという選択があるんですよ。人数が多いAKB48に今から入って、埋もれてしまうのも嫌だなっていう気持ちも正直ありましたし。かといってavexのオーディションは、大好きなスパガのメンバーになれるというわけじゃなかったんです。あくまでもiDOL Streetの3期生オーディションだったので、その時点では先行きが不透明だったんですね。

──Cheeky Paradeが結成されたばかりで、GEMはまだ始まってもいなかったです。

金澤 あとiDOL Streetを選んだら、叩かれるだろうなっていう恐れはありました。結構それは自分の中で大きかったですね。

──えっ、なぜですか?

金澤 そりゃそうですよ! それまでのファンの方からしたら、「この裏切者!」って話になるじゃないですか。「こっちで待っていたのに、どういうことだよ!」って。私がファンの立場でも、きっとそう思うでしょうし。

──なるほど。言われてみたら、そうかもしれない。

金澤 ものすごく迷ってはいたんですけど、ゼロからのスタートも悪くないなという気持ちもあったんです。同期もいない。先輩もいない。スタッフさんもファンの方も「はじめまして」の状態。そういうところからのスタートなら、自分の力が試せるから気合も入りますし。応募の締め切りはiDOLStreetのほうが先だったんです。それで「Webでなら、まだかろうじて間に合う」というまさにそのタイミング……最終日の締め切り10分前に応募しました。

──すごくドラマチックですね。ちなみにAKB48で仲がよかった鈴木さんは、どう言っていました?

金澤 「えっ、そっち?」って(笑)。「それは予想していなかったわ」って口をポカーンとさせていました。そのあとは普通に応援してくれましたけど。

AUTHOR

小野田 衛

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事