FOLLOW US

UPDATE|2019/04/29

NMB48吉田朱里、私服グラビアインタビュー「アイドルもYouTubeも絶対に手を抜きたくない」

吉田朱里



──Zepp Namba(OSAKA)でのライブは雑誌をテーマにした構成になっていましたが、あれもメンバーのアイデアですか?

吉田 そうですね。雑誌の世界観とライブを同時に楽しんでいただくというのは今までのNMB48にはなかったスタイルだと思うし、NMB48のライブとは違うことがしたかったんです。同じ曲をパフォーマンスするにしても、見せ方は変えるようにしていて、あと衣装がそれぞれのキャラクターに合った私服風衣装だったところも楽しんでいただけたポイントじゃないかなと思っています。

──NMB48としてステージに立つときとQueentetとしてステージに立つときでは、心境も違いますか?

吉田 NMB48のときは「パフォーマンスしてやるぜ!」みたいな“チームN魂”が蘇るし、1期生だから後輩を引っ張っていかなきゃいけないという気合は入りますね。一方Queentetの場合は4人それぞれの個性が分かれているので、みんなの良さが知れ渡ったらいいなぁという気持ちでステージに立っています。

──ちなみに、NMB48は昨年11月から小嶋花梨さんが2代目キャプテンに就任し、今年3月からは新チーム体制に移行。生まれ変わったNMB48を吉田さんはどう見ていますか?

吉田 若いメンバーが同期の間で競い合っている姿を見ると、昔の自分を思い出しますね。5期生とかを見ているとすごくキラキラ輝いているなぁと思うし、それに対して先輩たちも負けじと“NMB48魂”を燃やしてグループを引っ張っている感があって、すごくいい雰囲気だなと思います。これからもっと面白くなっていくんだろうな、って! ただその反面、若い子は悩む時期も来ると思うので、そういうときにちゃんと話を聞いてあげられる先輩でいたいなと思いますね。

──そして、Queentetは6月2日に東京・豊洲PITでのライブが決定しました。意気込みを聞かせてください。

吉田 Queentet、やっと関東進出です! これまで握手会で「関東にも来て!」と数え切れないほど言われて、ファンの皆さんの熱い気持ちはずっと受け取っていたので、それが実現できるのはうれしいですね。豊洲PITという大きなライブハウスで、しかも日曜日に開催できるので、ぜひこの機会にたくさんの方に観に来ていただきたいです。NMB48のファンの方はもちろん、メンバー個人のファンの方やアイドルをあまり応援したことのない方にも来ていただいて、皆さんの心に響くライブをお見せしたいと思っています。私はQueentetメンバーそれぞれのことを尊敬しているし大好きだし、これからもずっと一緒にいたいと思っているので、これからもっともっと登り詰めていきたいです!

CREDIT

取材・文/左藤豊

RECOMMENDED おすすめの記事