FOLLOW US

UPDATE|2019/04/29

卒業コンサート、指原莉乃からの最後のプレゼント「新公演」にメンバー号泣

4月28日に横浜スタジアムで開催された指原莉乃卒業コンサート (C)AKS

28日(日)横浜スタジアムにて開催されたHKT48指原莉乃の卒業コンサート。指原はファンとメンバーにビッグサプライズを用意していた。



この日の卒業コンサート、途中OGや姉妹グループメンバーをゲストにはさみながらも、ステージの主役はあくまでもHKT48だった。松岡はなや田中美久、松岡菜摘や森保まどか、本村碧唯や村重杏奈ら指原卒業後、HKT48を背負っていくメンバーを前面に出すのはもちろん、昨年11月にお披露目された5期生と『君のことが好きやけん』を歌唱するなど、HKT48愛の強い指原らしいセットリストでコンサートは進んでいった。

そして、その愛が最大限に感じられたのが本編最後のMC。「みんながすごく悲しい悲しいって言うから……メンバーとファンのみなさんに私からお見せしたいものがあります」という指原の振りから「特報」VTRへ。発表されたのは、HKT48の新公演「いま、月は満ちる」公演を指原莉乃が全曲書き下ろすというビッグサプライズだった。

「みんなで作り上げていく公演を知らないメンバーもいる中、私が卒業していくのがすごく悲しくて。私が卒業してからももっともっと頑張ってほしいし、私の大好きなHKT48を続けてほしいなって思ったので」

卒業する指原莉乃からの“最後のプレゼント”に感極まって言葉を発せなくなるメンバーたち。だが、指原からのサプライズはそれだけでは終わらなかった。「もう1つお話したいことがあって」と話し始めたのは、村重杏奈の芸能事務所ツインプラネットへの移籍発表。ツインプラネット社長への指原の直談判で実現したこの移籍に村重は「今までさしさんにたくさん迷惑かけたのに、最後の最後まで見捨てないでありがとうございます」と声を詰まらせながら感謝の言葉を述べた。

MCの最後でメンバー全員に「こうやって頑張っているメンバーが事務所が決まることもあって。私は本当にみんなのことを真剣に考えているし諦めずに頑張ってください」と語りかけた指原莉乃。

常にHKT48のことを考えてきた彼女は、自身が主役であるはずの卒業コンサートでも、後輩メンバーのことを思い、未来へバトンをつなげ、マイクを置いた。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事