FOLLOW US

UPDATE|2019/04/29

そしてあの夜は伝説となる…指原莉乃 卒コンの最終曲が『桜、みんなで食べた』だった意味

4月28日に横浜スタジアムで開催された指原莉乃卒業コンサート (C)AKS



最後のステージに登場した指原莉乃は、オープニングからすでに涙をこらえているようにも見えた。

2曲目の『ロックだよ、人生は』では、早くもフロートに乗って、場内を一周。そこでハッとなった。もうステージの上には、明日以降、HKT48を支えていくメンバーしか残っていない。マイクで客席を煽っているのも田中美久だ。指原莉乃は客席のファンの顔が見える位置まで行って別れを告げながら、自分がいなくなったあとのHKT48の姿を俯瞰で眺めていたのだ。

その「距離感」はステージに戻っても変わらなかった。

この日、指原は全38曲、すべてに参加した。それは別に自分のワンマンショーにするためではなく、メンバー全員と「最後の共演」をしたかったからだ。まだデビューしたばかりの5期生を含めて、おそらく、すべてのメンバーとのツーショットがなんらかの形でビジョンに映し出された。

ただ、そこにはいささかの違和感があった。

それは指原だけ違う衣装を着ている、ということ。もう半分、外に出た形で「最後のツーショット」を披露することで、単なる思い出作りの1ページではなく、新しいHKT48の歴史を作りだしてくれたのではないか? どれだけのメンバーがそのことを意識していたかはわからないが、最初の10曲は完全にそういう図式になっていた。

本当だったら卒業コンサートのクライマックスになるはずの同期(AKB48 5期生)との共演や姉妹グループのメンバーのサプライズ登場は、あえてコンサートの中盤に配置し、後半はほぼ「いつもの」HKT48のコンサートに。さすがにめるみおと一緒に歌う『2018年の橋』では3人とも涙腺が崩壊し(※1)、HKT48を卒業した多田愛佳、AKB48に移籍した中西智代梨、そしてSKE48に移籍した谷真理佳が一堂に介した『夕陽を見ているか?』では、客席も含めて横浜スタジアムが涙で包まれたが、その後はアガるナンバーの連打で熱狂の渦へと巻きこんでいく。

HKT48がファン層を拡大していった大きな要因は「とにかくコンサートが面白い!」という評判が広がったことに尽きる。その“神髄”を最後の最後に見せつけた。気がついたら、指原の衣装はメンバーと同じものになっていた。

※1『2018年の橋』は指原莉乃、宮脇咲良、兒玉遥、朝長美桜、田島芽瑠の楽曲。歌い終わりで3人は、会場に来られなかった2人を思い、「はるっぴ(兒玉)と咲良に届きますように!」と手を重ねた。

AUTHOR

小島 和宏

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事