FOLLOW US

UPDATE|2019/05/18

夏焼雅“PINK CRES.”座談会「Berryz工房と同じで女の子はバチバチするから面白い」

左から 二瓶有加、夏焼雅、小林ひかる 撮影/市村円香

「美しさの絶対基準」としてアイドル界の第一線で活躍してきたBerryz工房の夏焼雅。その彼女が今、グループの無期限活動停止に伴い、「PINK CRES.」という新グループを結成し活動しているのをご存じだろうか。「ファッション」×「歌」×「ダンス」を3本軸に、国内外でじわじわと人気を博している彼女たちが、活動3年目にしてついに待望の1stシングルをリリース! この機会に、結成からこれまでのことをじっくり振り返ってもらった。


──PINK CRES.は2015年に夏焼さんが結成する新グループということでオーディション募集が行われましたが、どういうグループにしようと考えていたんですか?

夏焼 「ファッション、歌、ダンスが大好きな女の子集まれ」をキーワードにオーディションを始めました。私が小さい頃からファッション好きだったので、そこは推していきたいなと。あと人と被るのが好きじゃない、個性を大切にしている女の子が集まればいいなという気持ちもありました。

──二瓶さんと小林さんはオーディションを受けるまで芸能経験はなかったんですよね。

小林 当時は大学生3年生で、ファッションが好きなのでアパレル関係のバイトをしていました。歌やダンスの経験は一切なくて、なんなら学校では目立ちたくないタイプでしたね。でも写真を撮られるのは好きで、サロンモデルなどをやっていたんですよ。しかもハロプロの大ファンだったので、みやちゃんのグループなら受けるしかないと。当時、大学3年生で就活の時期だったんですけど、これがダメだったら、もう芸能界は諦めようと思って応募しました。

二瓶 私は当時、大学2年生だったんですけど、ごく普通の文系大学生をゆる~くやりながら、居酒屋で毎日バイトをしていました(笑)。ただ昔から芸能界に興味があって、Berryz工房さんのことも大好きでした。でも年齢的にアイドルは無理だろうなと諦めかけていたときに『The Girls Live』(テレビ東京)という番組で、みやちゃんが新しいグループを組む、しかも年齢制限の範囲内だと知って応募しました。

──オーディションを受けるまでに、歌やダンスの経験はあったんですか?

二瓶 ダンスはずっと好きで、小学1年生の頃から習っていました。人前で歌って踊ることに憧れもあったし、就活の時期を目前にして、やっぱり諦めきれないなと。そんなときに、こんなにピッタリなオーディションはない、これは受けるしかないなと思って応募したんです。
CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/市村円香

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事