FOLLOW US

UPDATE|2019/05/15

「もう何度泣いたか分からない」アンジュルム新メンバー加入から5カ月を語る

左から 伊勢鈴蘭、太田遥香 撮影/松山勇樹



──そもそも(伊勢さんが受けた)“ONLY YOU”オーディションは、BEYOOOOONDSの追加メンバー募集的な意味合いでしたよね?

伊勢 だから当時は自分がアンジュルムに入るなんて想像もしていなかったです。「BEYOOOOONDSじゃないんだ!?」って驚きましたし。

──伊勢さんはなぜ自分がアンジュルムに選ばれたのだと思いますか?

伊勢 アンジュルムってワイワイにぎやかなイメージがあるじゃないですか。まだ私は殻を破ったとは言えないけど、学校ではわりとふざけ系のキャラなんですよ。キャラというか、素がワイワイしているんでしょうけど。そういうところを見てくれたのかもしれないですね。

──太田さんはオーディションではないんですよね。

太田 違います。私はハロプロ研修生北海道で2年半頑張ってきたんですけど、研修生だから当然デビューしたいと思っているわけじゃないですか。なのでアンジュルムに入ることができるって聞いて、本当に心の底からうれしかったです。でも、1つ気になることがあって……。ハロプロ研修生北海道で受かったのは私1人だって聞いたんですね。それで不安になっちゃいました。2年半ずっと一緒に活動していたのに、初めてお別れみたいなことになって……。急に言われても、どうしていいか分からないというか……。

──人数も少ないし、ハロプロ研修生北海道は結束が固い?

太田 仲はすごくいいです。今でも連絡を取り合っていますし、お泊り会もしょっちゅうしていましたし。正直、かなり寂しいです。去年の11月23日、パシフィコ横浜で私たちのお披露目をやったんです。その前日に私は北海道に帰って、みんなにアンジュルムのことを伝えました。みんな、泣いていましたね。

──別れたくないという涙?

太田 それもあるだろうし、「自分は選ばれなかったんだ」という悔しさもあるだろうし……。

──切ないなぁ。話を戻すと、合格発表自体は和田彩花さんが北海道まで来て行ったんですよね。

太田 そうですね。サプライズでした。和田さんから「あなたはアンジュルムとしてこれから活動していきます」と聞いたときは、ビックリしすぎて頭が真っ白になりました。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事