FOLLOW US

UPDATE|2019/05/15

「もう何度泣いたか分からない」アンジュルム新メンバー加入から5カ月を語る

左から 伊勢鈴蘭、太田遥香 撮影/松山勇樹



伊勢 その北海道での発表は、私も一緒にいたんです。私も私でサプライズを仕掛けられていて、「“ONLY YOU”オーディションの最終審査は札幌で行います」と聞いていたんです。「へっ? いきなり札幌? 今までずっと東京だったのに?」と不思議な気はしたんですけど(笑)。それでも最終オーディションだから緊張しつつ会場に向かったら、見覚えがあるモデルさんみたいな綺麗な方と、「誰だ、これ?」みたいな子がいたんです。それが和田さんと、はーちゃんだったんですけど。

太田 ちょっと待ってよ! 何なの、その格差は? 「誰だ、これ?」じゃなくて、もうちょっと説明の仕方があるでしょ(笑)。

伊勢 はーちゃんのことは、かすかに記憶があったんですよ。というのも中1のときに観たモーニング娘。さんのオープニングアクトに、はーちゃんも出ていたから。和田さんのことはライブ映像で知っていたんですけど、まだすぐに名前が出てこなかったです。当時はアンジュルムが好きになったばかりなので、まだメンバーの顔と名前が分からなくて。

──2人の、お互いの印象は?

伊勢 最初は、すごく大人っぽく感じましたね。はーちゃんとは同じ年ですけど、ハロプロ研修生北海道では最年長としてみんなを引っ張っていたと聞いていたので。それに加えて2年半の経験があるけど、こっちはゼロからのスタートですから。「同期」というより、「先輩」という感じで見ていましたね。同時に「負けられない」とも思っていました。

──ライバル意識があった?

伊勢 はい、最初は。

太田 えっ、最初だけ? 何気に私、ひどいこと言われてる(笑)。

──伊勢さんは、歌やダンスは完全に未経験なんですか?

伊勢 バレエは6年間習っていましたけど、それだけですね。ただ、歌うことは好きだったんですよ。宝塚を目指していたこともあって、よくカラオケに行っていました。宝塚のスターの方になり切って、ずっと1人で歌っていたんです。

太田 でも、私もれらたんに対してライバル意識は持っています。自分の中で戸惑いがあるんですよね。こういうタイプに会ったことなかったので。新たな人種に遭遇したというか……。同じ北海道の人とは思えないところもありますし。

伊勢 いきなり私のことを変わり者扱いしないでよ(笑)。

太田 何て言うのかな……。れらたんは都会の香りがするんですよ。しゃべり方もそうだし、ファッションもそう。私は北海道の中でも田舎の出身なので、仲よくなれるか不安でしょうがなかったです。

伊勢 嘘だ〜。そんなこと言ってるけど、初対面のときにいきなりハグしてきたじゃない。「新たな人種に遭遇した」っていうのは、こっちが言いたいセリフだよ(笑)。

太田 いやいや、違う! あれは「こういうところから少しずつ仲よくならなきゃダメだな」と思ったの!

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/松山勇樹

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事